2022.03.14更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、古川です。

 

 

最近暖かくなり、過ごしやすくなりましたね。

皆様お変わりございませんでしょうか。

 

 

わが家のにゃんずも、寒い間はひっつきもっつきしていたのが、暖かくなって各々好きな場所で寝ています。

 

 

20220314_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

20220314_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

本日は、PEPPYの春夏号が届きましたので、ご紹介いたします。

 

20220314_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

今回は、

〇しぐさでわかるうちの子の気持ち

〇デンタルケアのおはなし

などの記事や、

 

わんちゃんの室内遊びの特集、ねこちゃんはタワーや爪とぎなど充実しています。

 

 

私が個人的にかわいいなと思ったのがこちら↓

 

20220314_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

うちのにゃんずに着せてみたい…

でもこんなにじっと写真を撮らせてくれないだろうと、はかない夢で終わりました(^^;笑

 

PEPPYは無料の雑誌です。

待合室に置いておりますので、どうぞご自由にお持ち帰りください^^

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.03.07更新

おはようございます。

ふかつ動物病院、スタッフの深津です。

 

今日は肌寒いですね。

ただ、だんだんと気温も上昇してきて、テレビの天気予報では桜がいつ頃咲くか・・・なんて話題も出てくるようになりました。

当院のバラも、少しずつ芽吹いてきました。

皆さまお変わりないでしょうか(^^)

 

わが家の猫たちも変わりなく元気に過ごしています。

 

20220307_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↑購入した折りたたみイスを試しに広げてみたら、一番にチェックする二匹(座り心地は良さそうです) 笑

 

 

 

さて暖かくなってくると、ノミやマダニが活発に活動し始めます。

最近はノミの被害で受診される方が増えてきました。

これからどんどん暖かくなってきますので、ノミ・マダニの予防の開始どきです(^^)

 

特に、よくお散歩で公園や草むら、あぜ道を通るわんちゃんや、屋外に出る猫ちゃんは知らず知らずのうちにノミやマダニの被害に合うこともありますのでご注意下さい。

 

ノミは、痒みや皮膚炎などのノミアレルギー症状を引き起こすことがあります。

人も刺されて皮膚炎を起こすことも(><)

また、お腹に寄生する瓜実条虫などの寄生虫を媒介することもあります。

 

マダニもノミと同様に、痒みや皮膚炎、貧血などやSFTS(重症熱性血小板減少症候群)といったヒトにも移るような病原体の媒介にも関与します。

 

もしも愛犬・愛猫にノミやマダニが寄生しているのを見つけたら、無理に取ったりせずにお薬を使って駆虫しましょう!

マダニはノコギリ状のくちばしを持っており、それを皮膚にしっかりと差し込んで吸血します。

手で引っ張って取ってしまうと、そのくちばしだけが皮膚に残ってしまい、炎症が起こる場合があります。

 

当院では、猫ちゃんは首元に垂らすスポットオンタイプの液剤の駆虫薬をご用意しております。

わんちゃんでは、おやつタイプの食べる駆虫薬か、スポットオンタイプの液剤の駆虫薬がございます。

体重によってお薬のサイズが変わります。

 

これら当院で取り扱いのある駆虫薬は「殺虫剤」ではなく「動物用医薬品」ですので、安心・安全・確実にノミ・マダニの駆虫ができます(^^)

類似品で「殺虫剤」の駆虫薬がありますが、これらは舐めてしまうと中毒症状を起こしたり、また効果自体も低いため、動物病院で取り扱いのある駆虫薬を使われることをおすすめします。

 

糸島は自然がいっぱいの地域ですので、これからの季節は愛犬・愛猫ちゃんのノミ・マダニ予防をして、快適に過ごさせてあげたいですね(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.02.28更新

おはようございます。

ふかつ動物病院、スタッフの古川です。

 

暖かくなり、過ごしやすい毎日ですね。

あっという間に2月も最終日となりました。

お変わりございませんか?

 

 

先日、2月22日は猫の日でしたね。

2022年2月22日という、2がいつも以上にたくさん並ぶ記念すべき日ということで、「スーパー猫の日」とテレビなどで取り上げられていました。

 

いつも癒してくれるにゃんずたちには日々感謝しています(*´∀`*)

 

 

さて今日は、飼い主様からよくいただく

「鼻が乾いていたら病気なんですか?」という質問についてのおはなしです。

 

20220228_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

私も小学生の頃、犬を飼育していた友人から「鼻が乾いてたら病気なんだよ」と聞いたことがありました。

 

 

わんちゃん・ねこちゃんの鼻はいつも分泌物によって湿っています。

また、自分で舐めることによって湿らせることもあります。

 

鼻が湿っていることで、よりにおいを感知しやすくなります。

 

 

ではなぜ乾くのか?ですが、

睡眠中(寝起き)、空気の乾燥、老化によるものなどで鼻が乾くことがあります。

 

「鼻が乾いている」のみで、元気も食欲も通常通りであれば心配ないですが、他に何かいつもと違う様子や症状がある場合は気にして見てあげて下さい。

 

 

また、鼻には凹凸の「鼻紋」があり、一匹一匹違います。

まるで人の指紋みたいですね。

 

お時間がある時に、ぜひうちの子の鼻をチェックしてみてください^^

 

わが家には4匹いますが、色もそれぞれ違います(=^・-・^=)

 

20220228_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

20220228_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 20220228_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

被毛の色素が濃いと、鼻の色も濃くなるそうですよ^^

見比べたらおもしろそうですね。

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.02.21更新

おはようございます。

ふかつ動物病院、スタッフの深津です。

 

ここ最近、寒い日が続きますね~(><)

寒いのが大の苦手な私は、なかなか体が動かなくて困ってしまいます。

皆さま体調お変わりございませんか?

 

 

今回はわんちゃん・ねこちゃんのまばたきのお話です。

 

まぶたは、人間には上まぶたと下まぶたしかありませんが、わんちゃんやねこちゃんには、第三のまぶた「瞬膜(しゅんまく)」と呼ばれるものがあります。

目頭の端にある白い膜で、普段はあまり見えません。

 

20220221_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

愛犬・愛猫が寝ているときに白目になっていること、ありませんか?

それは眼球の白い部分ではなく、瞬膜が目を覆っている状態です。

 

20220221_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

(オール白目のもこ 笑)

 

 

瞬膜は目頭側から目尻の方向へ水平に出てきます。

瞬膜は涙を作り出し、それを常に目に送り出しているので、わんちゃんやねこちゃんは、人間ほど瞬きの回数が多くありません。

 

私『どのくらいの頻度で瞬きしているんだろう?同じタイミングで瞬きしてみよう!』とチャレンジしてみた事がありましたが・・・目がパッサパサになりギブアップしました 笑

 

 

 

逆に、いつもより瞬きの回数が多い時には注意が必要です。

 

●片目を頻繁に瞬きする(あまり目が開かない)

●前足で擦ろうとしたり、毛布などに顔を押し付けて目をかこうとする

 

このような時には、目に傷が付いていたり、炎症が起きていたりする可能性がありますので、様子を見て落ち着かないようであれば受診しましょう!

 

上記のような症状に加えて、目の充血、涙が多い、目ヤニがよく出るといった症状が出ることもありますので、合わせて観察してみて下さい。

両目に症状が出ることもありますので、何かいつもと違うな、と感じたらご相談下さいね(^^)

 

 

 

ちなみに、目のトラブルではない時の、愛犬が飼い主さまを見つめた後に瞬きをする時には、「あなたに敵意はありません」「あなたに逆らいませんよ」というサインです。

このような時には、飼い主さまも瞬きを返してみて下さい。

そうすることで、愛犬にも安心感を与えることができますよ(^^)

 

 

緊張をほぐすために瞬きをすることもあります。

例えば何かイタズラなどをしてしまい、叱られた時などは、申し訳なさそうな感じでパチパチと瞬きをします。

「あんまり怒らないで~」という感情ですね。

 

 

退屈な時にも瞬きをします。

何もすることがなく、飼い主さまに構ってもらえない時にも、見つめたまま瞬きをします。

 

 

愛猫が飼い主さまに対してゆっくりと瞬きした時には、「信頼や安心」、「好きだよ」という意味があります。

同じようにゆっくりと瞬きを返してあげて下さいね(^^)

私も、わが家の猫たちに「ゆっくり瞬き」を毎日やっています(私の方から)

 

うちの子たちに、私の大好きな気持ちが伝わりますように(*’▽’*)

 

20220221_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.02.14更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

 

最近お天気が優れない糸島、おひさまが恋しいですね。

皆様、日光浴されていますか?

 

20220214_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

日光浴は、わんちゃん・ねこちゃんにもいい効果をもたらしてくれます。

 

 

【日光浴はいいこといっぱい】

 

○幸せホルモンの「セロトニン」が分泌される

セロトニンの効果により、ストレスが軽減し、精神が安定します。

 

○体内時計を整える

朝日を浴びることで、体内時計をリセットしましょう。

セロトニンが分泌されると「メラトニン」が合成され、夜しっかり眠れると言われています。

 

○成長ホルモンの分泌を促す効果

新陳代謝を促したり、子犬・子猫に必要なのはもちろん、「若返りホルモン」とも言われていて、老犬・老猫にも必要です。

 

○皮膚を健康に保つ

紫外線による殺菌効果で皮膚を健康に保ちます。

 

 

20220214_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

最近完全室内飼育の猫ちゃんや、お散歩に行かないわんちゃんも増えています。

わんちゃんは適度なお散歩や日光浴を。

猫ちゃんは無理に外に連れ出す必要はありませんが、窓越しに日光浴させてあげましょう。

 

 

ただし、やりすぎもよくありません。

日光浴がいいからと長時間させてしまうと、熱中症などのリスクも。

 

好きな時に移動ができる場所を確保してあげたり、自由に移動できない場合には飼い主様が時間を決めて見てあげましょう。

 

 

20220214_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

適度な日光浴で心身ともに健康に過ごしましょう!

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.02.08更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

あっという間に2月に入り、もう一週間が過ぎました。

まだまだ寒い日が続きますが、皆さまお変わりございませんか?

 

わが家はいつものごとく平和~な日々です。

 

20220207_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

袋の中に入ってみたり・・・、

 

 

20220207_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

袋をびりびり~に破ってみたり 笑

毎日猫らしいこと(?)をしながら過ごしています。

 

 

 

さてさて、もうすぐバレンタインデーですね!

この時期だけではありませんが、やはり注意していただきたいのが「チョコレート中毒」です。

「タマネギ中毒」と同じくらい有名な「チョコレート中毒」、聞いたことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんね(><)

 

 

わんちゃん・猫ちゃんたちは、チョコレートのカカオの成分であるテオブロミンやカフェインによって中毒が引き起こされます。

人間が摂取しても問題のない成分ですが、わんちゃん・猫ちゃんはこの成分を分解して排出する能力が低いため、長く体内に留まってしまい、その結果中毒を引き起こしやすくなってしまいます。

 

わんちゃんや猫ちゃんがチョコレートを食べてしまって中毒症状を起こした場合、以下のような症状が現れます。

 

●落ち着きがなくなる
●呼吸が早くなる
●多飲
●嘔吐
●下痢
●震え
●硬直
●頻脈・不整脈
●痙攣

などで、最悪の場合は死に至るケースもあります。

 

 

チョコレートの種類によって、カカオの含有量(テオブロミンやカフェインの量)も違ってきます。

ホワイトチョコレートは少なく、次にミルクチョコレート、そしてダークチョコレートと順に含有量が増えていきます。

 

ですが含有量に関係なく、どの種類のチョコレートも食べさせないよう、愛犬・愛猫の手の届かない場所に保管しましょう(^^)

 

そしてもしも誤ってチョコレートを食べてしまった場合には、どの種類のチョコレートをどれくらい食べてしまったのかを確認し、動物病院へご連絡下さい。

そして必要であれば診察を受けましょう!

 

バレンタインデーも近づき、ご自宅にチョコレートがあるお家も多い時期です。

チョコレートの保管には十分気を付けて下さいね(^^)

 

 

 

かくいう私もチョコレートが大好きで、自宅にはそれはそれは大量のチョコレートが・・・そして毎日毎日食べています(^^;)

 

20220207_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

わんちゃんに比べて猫ちゃんが誤ってチョコレートを食べることは稀ですが、わが家の猫たちのためにも、チョコレートはきちんと保管しておかなくてはと改めて思いました(^^)

 

 

20220207_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

「チョコレート中毒」、ご注意下さいね(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.01.31更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

 

朝晩は冷えますが、日中はあたたかく過ごしやすくなってきましたね。

 

わが家では寒くなってから、冬恒例のれんの添い寝が始まりました。

布団を準備するのを待っていたかのように、どこにいてもやって来るれん。

父が布団に入ると吸い込まれていきます 笑

そしてこれ。

 

20220131_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

あぁうらやましい…

毎晩こんなことしてもらったら、メロメロですよね( ´艸`)

 

私の布団にもらいが来てくれますが、寒くなってからというもの、足元にもぐりこんでしまい、一緒に寝ている実感があまりありません(T▽T)

 

寝てくれるだけありがたいのですが 笑

 

 

本日は、ジョイントマットの誤食のおはなしです。

 

ジョイントマットは便利なので、使用されているご家庭も多いかと思います。

 

弾力があり、特にねこちゃんはつなぎ目の部分に興味を持って遊んでいるうちにかじって飲み込んでしまうということが多く発生しています。

もちろんわんちゃんも注意が必要です。

 

幸い当院ではあまり見ませんが、一度誤食した子が再度繰り返すことも多いです。

 

 

便利なものでもわんちゃん・ねこちゃんにとって危険なものになりうる場合もあります。

 

もしご家庭にあって、気にしてかじったりする場合は注意が必要です。

 

今回はジョイントマットのおはなしですが、ジョイントマットに限らず、飼い主さまが気付いていない間に飲み込んでしまうケースもあります。

 

 

【もし誤食してしまったら…】

・何を食べたか

(実物や、物によってはパッケージなどあるとわかりやすいです)

・どれくらいの量食べたか

・いつ食べたか

・症状の有無

 

などを病院にお伝え下さい。

 

 

症状は、

・食欲不振

・元気がない

・よだれが多い

・嘔吐

・下痢

・震え

・ふらつき

など見られることがあります。

 

 

誤食した場合、消化管の閉塞を起こしたり、消化管に穴が開いたり、場合によっては死に至る危険性もあります。

 

意外なものを誤食することもありますので、わんちゃん・ねこちゃんの周りは普段から片付け、危険なものは手の届かない所に収納するよう気をつけましょう。

 

 

わが家で一番食いしん坊で遊び好きのらい。

 

もちろん、私たち飼い主が色々と先回りして気をつけないといけないのですが、お願いだから変なもの食べないでね(>人<;)

 

20220131_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.01.24更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

今日は曇り空ですっきりしませんね。

冬の時期は特にお日様が恋しくなります。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

今回特にコレ!といったブログではありませんが・・・お付き合いください(^^)

 

毎年1月になるとやる作業ですが、ようやくツルバラの剪定と誘引を済ませました。

 

20220124_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

非常~~に育成が旺盛なこのツルバラ、暖かい時期に伸びに伸びて伸びすぎて、申し訳ないほどお見苦しい姿をお見せしてしまってましたが(^^;)、

 

20220124_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

隙間時間に何とか剪定と誘引を行い、ここまですっきりさせました。

その場その場の思いつきで支柱を組んだので、幅にばらつきがあります(性格が出ますね~(^^;))

 

支柱を立てるために使っている古いベンチ(土が固すぎて支柱が刺さらないので 笑)も、少しでも見た目がきれいになるようにペンキを塗ってみました(これもかなり雑です(^^;))

 

※ベンチは古くて強度がないため、座ると危険です。ご注意下さい。腰掛けるのを遠慮していただくために鉢を置いております。

 

今年は大きめに仕立てたので、春にどんな風に咲くか楽しみです(^^)

春先に、皆さまに少しでも和んでいただけたら幸いです(^^)

 

20220124_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ずっと欲しかったピンクのマーガレットや、

 

20220124_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ルピナスも植えてみました。

大きく育ってくれますように!

 

 

 

そしてわが家の猫たちの様子は・・・。

 

20220124_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

相変わらずののんびりまったり。

一番好きな家族には、完全に脱力して身体を預ける黒猫のふわ。

スリスリしてくれるし、自分から抱っこされに来てはくれますが、私を含め、決して他の家族にはこの体勢はさせてくれません。

私と何が違うのか・・・羨ましい限りです・・・笑

 

20220124_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

長毛猫のもこも、冬毛になってモコモコ度がアップしています。

触り心地(吸い心地も)抜群です(^^)

 

 

最近はまた新型コロナウイルスが猛威を振るい出し、気軽にあちこちへ出かけることがままなりませんが、こうして家に安らぎがあり、心を癒してもらい、慈しむ気持ちを持たせてもらっていることに感謝、感謝です(^^)

 

大切な家族である愛犬・愛猫たちの癒しパワーは絶大ですね!

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.01.17更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

1月ももう残り半分ほど。早いですね~!

お変わりございませんでしょうか?

 

 

本日は、先週に続き猫ちゃんの名前ランキングのご紹介です!

 

こちらのランキングは、保険会社のアニコム損保様が新規契約された0歳の猫ちゃん約52000頭を対象に、2月22日の猫の日に発表されたものです。

 

 

()内の数字は昨年の順位となっております。

 

【男の子】

1位(1) レオ

2位(2) ソラ

3位(5) ムギ

4位(3) マル

5位(8) フク

6位(4) コテツ

6位(-) チャチャマル

8位(6) レオン

9位(7) マロン

10位(-) ルイ

 

 

【女の子】

1位(2) ムギ

2位(1) モモ

3位(3) ココ

4位(6) ルナ

5位(4) リン

6位(7) ハナ

7位(5) キナコ

8位(-) モカ

9位(8) メイ

10位(-) ベル

 

男の子ではレオくんが4年連続の1位!

女の子では昨年のモモちゃんを僅差で抜いて、ムギちゃんが1位に。

 

 

続いて漢字の名前ランキングです☆

 

【男の子】

1位(1) 茶々丸

2位(2) 福

3位(4) 琥珀

4位(3) 空

5位(5) 大福

 

【女の子】

1位(1) 姫

2位(3) 茶々

3位(2) 凜

4位(-) 花

5位(4) 麦

 

男の子の茶々丸くんと女の子の姫ちゃんは2年連続の1位!

 

 

ちなみに人気猫種ランキングは、

 

1位(1) スコティッシュ・フォールド

2位(2) マンチカン

3位(4) 混血猫

 

という結果に。

スコティッシュ・フォールドは、なんと13年連続の1位人気だそうですよ^^

 

 

ちなみにわが家のにゃんずは、みんな漢字一字の名前です^^

 

蓮(れん)

20220117_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

蘭(らん)

20220117_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

翔(しょう)

20220117_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

雷(らい)

20220117_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

みんな性格も違って、見ていておもしろいですヾ(*・∀・)/

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2022.01.10更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

今日は成人の日にぴったりな、晴れ晴れとした良いお天気ですね。

この日を迎えられた皆様、おめでとうございます(^^)

これからのご活躍を心より祈念いたします。

 

 

そして天気の良い日のわが家の猫たちは、というと、朝からレースカーテンとカーテンの間に置いている猫用の椅子の上でぽかぽか日向ぼっこです(^^)

 

20220110_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

カーテンをめくって覗いてみると・・・

 

20220110_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

2匹仲良くまったりしていました(^^)

気持ち良さそうです。

 

 

 

さて今回は、わんちゃんの名前ランキングです!

 

昨年11月1日の「犬の日」に保険会社アニコム損保さんから、新規契約された0歳のわんちゃん約12万7千頭を対象に実施されました「犬の名前ランキング2021」のご紹介です(^^)

 

 

それではさっそくいってみましょう~!

( )内の数字は昨年度の順位です。

 

【男の子部門】

1位(2):レオ

2位(1):ソラ

3位(8):ムギ

4位(3):コタロウ

5位(4):マル

6位(5):マロン

7位(7):リク

8位(9):チョコ

9位(11):フク

10位(10):カイ

 

 

【女の子部門】

1位(1):ココ

2位(4):ムギ

3位(2):モモ

4位(3):ハナ

5位(5):モカ

6位(6):モコ

7位(8):コムギ

8位(7):サクラ

9位(10):リン

10位(9):キナコ

 

 

という結果に!

ちなみに男の子部門で1位だったレオ君は、2位のソラ君とわずか2頭差だったようです。

そして男の子・女の子共に入っている「ムギ」ちゃんがランクアップしていますね(^^)

 

 

そしてお次は漢字表記の名前ランキングです!

【男の子部門】

1位(1):空

2位(2):福

3位(4):茶々丸

4位(3):小太郎

5位(10):麦

6位(8):琥珀

7位(7):大福

8位(5):海

9位(6):小鉄

10位(-):天

 

【女の子部門】

1位(1):麦

2位(2):花

3位(3):茶々

4位(6):姫

5位(5):杏

6位(8):空

7位(4):凜

8位(7):小梅

9位(9):華

10位(-):小麦

 

以上の結果でした!

いかがでしたか?

「うちの子」の名前は悩みに悩んで付けたり、直感で付けたり、「わが家は代々この名前!」という名前だったり様々ですよね(^^)

 

わが家の場合は、家族でたくさんの候補を出して、絞って絞って、本人にぴったり合う!と思った名前に決めました。

 

20220110_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↑もこもこの「もこ」と、

 

20220110_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↑ふわふわの「ふわ」です(^^)

 

 

 

ちなみに、わが家には6年ほど前に家族が金魚すくいで掬ってきた金魚もいるのですが、その子は「チャーリィ」で、小説「アルジャーノンに花束を」の主人公から付けています(^^)

 

いつも「ご飯ちょうだい!!」の圧がすごいです 笑

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

前へ 前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム