2021.01.11更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

積もるほどの雪が降りましたね。

ますます寒さが堪えます。

寒さが大の苦手な私は、この時期はとにかく冬篭り状態で、特に出かける事もなく(というかこのご時勢、あまりやたらと出かけられないですね)家でじーーっとしています(^^;)

皆さま体調はお変わりございませんか?

 

 

 

さて今回は、そんな冬篭りのお家時間にぴったり(?)の、わが家の長毛猫・もこのお手入れブログです(^^)

長毛種のわんちゃん・ねこちゃんは、よくされるお手入れでしょうか・・・足裏の毛のカットです。

 

20210111_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

もじゃ~~ん。

伸び放題になっていますね~(^^;)

 

前回カットしたのがいつだったか失念しましたが、このままだとフローリングで走ったりジャンプした時に思い切り運動する事ができなくなってしまったり、階段の昇り降りの時などに滑ってしまったり・・・と、危ないこともありますので、バリカンでカットしたいと思います(^^)

 

わが家の場合、まずは、いつも使っているバリカンと、特別な時にしかもらえないおやつを同時に見せます。

「コレ(足裏カット)の時にはコレ(大好きなおやつ)がもらえる」、と関連付けて覚えてもらうためです(^^)

 

さてやるゾ!!という空気を醸し出すと警戒してしまいそうなので、あえてテレビをつけてみたり、傍に居る家族と何気ない会話をしつつもこを呼びます。

「もっちゃ~ん、コレ見て~(^^)」

 

20210111_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

カットが好きなわけではないので、近づいてくることはあまりありませんが、逃げることもありません(おやつがあるので 笑)。

大体はその場で動かないでいるので(おそらく葛藤しているんだと思います)抱っこして、ソファに連れて行きます。

 

↓そしていつもこの体勢でカット。

 

20210111_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

私の両腕で左右に逃げるのを、両手で起き上がって逃げるのを防いでいます。

両足を持ち上げて逃げ道を塞ぐこともあります。

パニックになってしまったり、嫌々スイッチが入ってしまうかもしれないので、決してギュッと捕まえることはせず、全身を使って包み込むようにしているだけです(´∇`)

 

そしてカット中はとにかく、穏やかな口調で「褒めまくりの励ましまくりのなだめまくり」です 笑

 

「好きじゃない事をされているのに、何故かさらに叱られる」、となると、カット自体が大嫌いになってしまいますから、「叱って言うことを聞かせる」という事は絶対にしません。

爪切りや耳掃除の時などもそうですよね(^^)

 

ここはもう褒めちぎって速やかにカットを終わらせます。

というか終わるまで我慢してくれている、健気なもこを私は褒めまくりたい! 笑

 

以前はバリカンを警戒していたので、抱っこする係、カットする係、カット中におやつをやって気を紛らわせる係と3人がかりでしたが、今ではもこもカットに慣れてくれてご覧の通りです(^^)

 

20210111_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

↓気分が乗らずに嫌々気味の時には、フライングでおやつをもらいつつ・・・。

 

20210111_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ちょっと目つきが嫌そうですね 笑

動いてしまって顔におやつが付いてしまいました(^^;)

 

スッキリぴかぴかの肉球、か~わいいです!

 

 

 

そして、特に何も頑張ってはいませんが、いつもお利口さんの黒猫・ふわもおやつ半分こです(^^)

 

20210111_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ただただ元気でいてくれるだけでエライもんね~ヽ(´ー`)ノ

 

 

 

以上、深津家のトリミング風景でした(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2021.01.04更新

あけましておめでとうございます。

 

20210104_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

2021年の幕開けですね。

当院は本日より通常診療しております(^^)

 

今年も大切なご家族が健やかに過ごせますよう、お手伝いさせていただければ幸いです。

 

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

笑顔の絶えない素敵な一年になりますように(^^)

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

20210104_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ふかつ動物病院スタッフ一同

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.12.30更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

今年ももうあと2日となりましたね。

皆さまどんな一年を過ごされましたでしょうか?

 

 

私はというと、この一年、日々の仕事の中で心の支えになる事が、たくさんたくさんありました(^^)

 

体調不良やケガ等で来院した子たちが、治療で元気になっていく姿を見た時や、入院中に緊張や不安の中にいた子が心を開いてくれた時、また、飼い主さまから「ありがとう」と言っていただけた時・・・。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

今年一年は、新型コロナウイルスによって世界が一変し、「常にそこにある日常」が、当たり前の事ではなくなりました。

 

ニュースでは、連日新型コロナウイルスの情報が流れ、様々な不安や心配がある中で、「うちの子」の存在が大きな安らぎや癒しになった、という方は、私を含めたくさんいらっしゃるかと思います。

 

「うちの子」が元気でいてくれる、ということは、私たち飼い主の心の元気にもなりますよね(^^)

 

 

今年一年、そんな皆さまの大切な家族であるわんちゃん・ねこちゃんたちの健康のお手伝いをさせていただけた事、本当に感謝申し上げます。

至らない点も多々あったかと思いますが、より皆さまのお役に立てるよう、今後もスタッフ一同日々精進してまいります。

一年間本当にありがとうございました。

 

 

当院の今年の診療も、本日で最後となります。

年明けは、1月4日より診療いたします。

年末年始はいつもと環境が変わることも多く、体調を崩しやすい子も多いですので、どうぞお気をつけ下さいね(^^)

 

 

皆さまよいお年をお迎え下さい。

 

20201230_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.12.21更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

先日はこの辺りでは今年初の雪が降りましたね。寒い日が続きます。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今年も残すところ10日になりました!!

皆様、やり残したことはございませんか?

 

1日1日があっという間で、私自身やり残したことがたくさんあるので、順序よくやっていかないとですね。

寒いとどうしても億劫になります(^^;)

 

 

今日はポインセチアのおはなしです。

クリスマスの象徴とも言われ、毎年クリスマス前になると、お花屋さんなどで見かけることがあるかと思います。

 

とても色鮮やかで、私も大好きな植物の1つです(^^)

 

ところで皆様、ポインセチアに毒があるってご存知でしたか?(゚A゚;)

 

全草にホルボールエステルという有毒成分が含まれています。

切り口から出る白い樹液に触れてそのままにしていると、皮膚が弱い場合は炎症を起こす可能性もありますし、もし摂取した場合は、口内の灼熱感、嘔吐、下痢などの症状を引き起こすこともあります。

 

少量であれば命に関わることはないようですが、お子様やわんちゃんの死亡例もあるようですので、特に小~中型のわんちゃんや、猫ちゃんは十分に注意が必要です。

 

普段植物などを食べてしまう子、また、留守にされることが多いご家庭は特に、置き場所に気をつけましょう。

 

 

当院でもポインセチアを育てています。

開院した年の2008年からありますので、もう12年になります♪

 

毎年この時期に成長記録を綴っておりますので、今年もお届けいたします☆

 

 

ちなみに、昨年の今頃は

 

20201221_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

こんな感じでした。

 

そこから5月に剪定してサッパリしました(^^)

 

20201221_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

そしてお盆前から短日処理(1日12時間以上暗くします)を始め、このようなお姿に*:.。(´∀`人)

 

20201221_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

上から見ると

 

20201221_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

こんな感じに赤く色づいてくれましたヽ(*´∀`)ノ

剪定する時はドキドキしますが、ちゃんと育って色づいてくれると嬉しいですね♪

 

2鉢あったうちの小さい鉢の方は、残念ながら上手く育ちませんでした (´・ω・`)

 

これからはこの子に頑張っていただきます☆

 

以上、ポインセチアの成長記録でした~♪

また来年をお楽しみに(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.12.14更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

毎日寒い日が続きますね。

バタバタと忙しい時期ではありますが、皆さま体調はいかがでしょうか?

 

私はこのところ、あったか~いお布団が気持ちよすぎて、朝起きるのが遅くなっています(^^;)

少し前まで、5時前には起きていたんですが・・・(´-`)お布団の誘惑ってすごいですね 笑

 

 

20201214_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

黒猫ふわも「砂抜き中のアサリ」ポーズでスヤスヤ。

 

20201214_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

長毛猫もこも、ヘソ天でウトウト。

寝るのって気持ちいいですよね~(^^)

 

 

 

さて今回は、年末のご注文のご案内です。

 

年末年始は、各メーカーさん・業者さんのお休みの関係で、お薬や商品等が発注できなくなります。

年末ギリギリのご注文ですと、お取り寄せの商品などは、お渡しに時間がかかってしまうこともあり、年を越してのお渡しになる可能性もあります。

常備薬やフード等をご注文されている飼い主さまは、お早めにご注文をお願い致します。

 

当院の休診日は、当ホームページの「休診日のご案内」またはお電話にてご確認下さい。

 

年末の忙しい時期で、ついつい忘れてしまいそうになりますが、年内に必要なお薬やフード等がある飼い主さまは、早め早めにご準備をされて下さいね(^^)!

 

20201214_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

わが家も、フードの予備を準備しました(^^)♪

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.12.07更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

最近一気に寒くなって、冬らしい空気になりました。

急な気候の変化は、人も動物もこたえますね。

お変わりございませんか?

 

 

今日は、抱っこのおはなしです。

皆さまは、うちの子を抱っこすることがありますか?

 

中型以上のわんちゃんは、抱っこの機会が少ないかもしれませんが、小型のわんちゃんや、ねこちゃんは抱っこする機会が多いのではないでしょうか?

中型・大型のわんちゃんも、診察台に上がる時、車に乗る時など、抱っこが必要になることもあるかと思います。

 

では、どのように抱っこすれば負担がかかりにくいかですが、

 

20201207_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

上半身とお尻を支えて、わんちゃんの身体を自分の身体に引き寄せて密着します。

 

特に老犬や身体を痛めている場合は、身体が曲がった時に嫌がったり痛がることがありますので、立っている時の体勢のように身体を水平に保ったまま抱っこしてあげると負担が少ないかと思います。

 

小型犬やねこちゃんも、上半身だけ抱えるのではなく、お尻も支えて抱っこしてあげましょう。

 

 

【こんな抱っこはNG!】

◎高い高いするような抱っこ

脇の下に手を入れて、下半身を支えずに抱っこする方法(人の赤ちゃんを高い高いするような抱え方)は、腰に負担がかかりますし、前肢を痛めることもあります。

 

◎向かい合わせで抱っこ

肩に手をかけるように向かい合わせに抱っこする方法は、不安定なのと、肩からよじ登って落下してしまう危険性があります。

 

◎仰向けで抱っこ

普段しない不自然な体勢のため、背中、腰などが曲がって痛みを感じたり、内臓に負担がかかります。

 

 

おうちでリラックスしている時、お出かけや通院の時など、抱っこする機会は多くあるかと思います。

ぜひ、子犬・子猫の時から抱っこに慣れておきましょう。

 

爪切りなどのお手入れの時や通院の時だけしか抱っこしないと、抱っこ=嫌なことと覚えて抱っこを嫌がったり、抱っこした時に嫌な経験をして苦手になってしまうこともあります。

 

抱っこが苦手な場合には、抱っこする時にご褒美をあげる、近寄ってきてくれた時に抱っこするなど、工夫して抱っこに慣れましょう。

 

また、急に抱き上げると不安を感じてしまうことがあります。

声をかけながらそっと抱っこしましょう。

 

抱っこの方法は色々ありますが、不安定にならなければそれぞれ落ち着く方法でいいかと思いますので、上半身だけでなくお尻も支えて抱っこしてあげてください(^^)

 

 

うちの子の中でわりと抱っこ好きな、らい。

退屈になると、家中を「にゃ~っっっ」と強めに鳴きながら歩き回り…

返事したり話しかけても落ち着かない時も、抱っこすると落ち着いてくれることが多いです(・o・)

 

20201207_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

「寂しいよ~」「遊ぼうよ~」とでも言っているのでしょうか(*´∀`*)

 

家では私一人しかいない時でも、ずっとうちの子達とお話しています。

あっ、仕事中もですね(笑)

らいに話しかけると、お返事が返ってくるので嬉しくなります(*´艸`*)

他の子はあまりお返事しませんが(笑)

皆さまも、たくさんコミュニケーションをとってみてください♪

 

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.11.30更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

あちこちで紅葉が見られるようになりましたね。

今年は何処かへ出かけて紅葉狩り・・・も、なかなか難しいかな~と思っていたら、わが家で小さな紅葉狩りができそうな予感です(^^)

 

↓緑色だった多肉植物が・・・

 

20201130_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↓色づき始めています・・・!

 

20201130_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

もう少しすれば、もっと赤くなる、かな~(*゚▽゚*)?(今年初めて育てているため未経験です)。

 

手のひらサイズの小さな植物でも、ちゃんと季節を感じているんですね。

皆さまは体調お変わりないでしょうか(^^)?

 

 

 

さて、今回はわんちゃん・ねこちゃんの水分補給についてです。

わんちゃん・ねこちゃんが一日に必要とする水分量は、

 

<わんちゃん>

体重(kg)×0.75×132(ml)

 

<ねこちゃん>

体重(kg)×0.75×70(ml)

で計算ができます。

 

 

その日の天候や季節、運動量、年齢層、犬種・猫種によっても違いが出てきますが、おおむねこの計算式で一日に必要な水分量が分かります。

 

●5kgのわんちゃんであれば、

5×0.75×132=495ml

 

●4kgのねこちゃんであれば、

4×0.75×70=210ml

 

ということになります。

 

ただしこれは「一日に必要な水分量」であって、「一日に飲む水分量」ではありません。

ドライフード(約7%)やウエットフード(約70%)の中にも水分が含まれているため、飲水量としては

 

わんちゃんで40~60ml/kg

ねこちゃんで20~45ml/kg

の範囲が正常であるとされています。

 

一般的に、わんちゃん・ねこちゃん共に体重1kgにつき100mlを越す飲水量は過剰であり、何らかの病気のサインと言われています。

 

 

わんちゃん・ねこちゃんの体重の約60~70%が水分であり、水分は身体を構成したり、円滑な生命活動を行ったりという重要な役割を果たしています。

水分が体重の数%失われると、健康に障害が起こり、10%以上失われると生命を維持することが難しくなり、死に至ります。

 

人もそうですが、わんちゃんやねこちゃんにとっても、水分は大切だという事が分かりますヽ(´ー`)ノ

常に新鮮な水が飲めるようにしておくことが大事ですね。

 

そして食器の材質や形にも好みがありますので、陶器やステンレス、ガラスやプラスチックなど試してみるといいですよ(^^)

ねこちゃんでは、ひげが当たる食器を嫌がったり、流れる水が好きだったりと好みがある子が多いようです。

 

また、食器の高さを、床置きから前足の付け根くらいの高さに変えると、飲みやすくなり飲水量が増えることもあります。

 

水飲み場も一ヶ所だけでなく、数ヶ所準備しておくといいですよ(^^)

 

 

わんちゃんもねこちゃんも、季節の変わり目は体調を崩しやすいですから、水分をしっかり摂って、体調管理に気をつけて過ごしましょう(^^)

 

 

 

さて、数日前のわが家のネコたちの写真です。

 

20201130_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

黒猫ふわ、まん丸からの~

 

20201130_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

足ぴーーん(この体勢を見ると、いつも「砂抜き中のアサリ」を思い出します 笑)

 

20201130_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

甘えん坊の長毛猫もこは、腕を添えてもらいながらのヘソ天(^^)

そして・・・

 

20201130_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

「薄目で見ると何となくブレーメンの音楽隊風」 笑

 

かわいいうちの子たち、毎日見ていて飽きませんヽ(*^^*)ノ

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.11.23更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

しばらく20度超えの日が続いて、「あったかいなぁ~(*´∀`)」と幸せに浸っていたのですが…寒くなりましたね(^^;

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

寒くなってくると増えるのが、おしっこのトラブルです。

寒い時期は、活動量や飲水量が減り、おしっこのトラブル(膀胱炎、尿石症など)が増える傾向にあります。

 

おしっこのトラブルは、性別問わず起こるのですが、女の子は尿道が短く細菌が侵入しやすいため、「膀胱炎」が起こりやすく、男の子は尿道が細いため、結晶などが詰まっておしっこが出なくなる「尿道閉塞」を起こす子もいます。

 

 

【症状】

頻繁にトイレに行く、排尿の姿勢をする

トイレ以外の場所で排尿してしまう

尿に血が混じる(赤、茶色になる)

尿が濁る、臭う

陰部を気にして舐める

 

などの症状が見られます。

 

 

おしっこが全く出ない

排尿中に鳴く

元気・食欲がない

嘔吐する

 

などの症状が見られた場合、命に関わる状態の可能性が高いので、速やかに受診して下さい。

 

 

【予防するために】

◎トイレ

寒くなると、トイレが遠かったり、汚れていると我慢してしまう傾向に。

トイレは普段過ごすスペースの近くに設置し、ねこちゃんは頭数+1のトイレを置きましょう。

 

また、トイレと水飲み場はできれば離したほうがいいです。

 

屋外で排泄するわんちゃんは、様子を見ながらこまめに連れて行ってあげましょう。

 

◎飲水

水はこまめに取り替え、新鮮な水が飲めるようにしておきましょう。

個数を多めに置いたり、ウエットフードを使う、ドライフードをふやかすなどして飲水量を増やす工夫を。

 

また、容器の好みはそれぞれなので、形状や素材など、好みの容器を見つけましょう。流れる水が好きな子もいます。

 

寒い時期は、水温が冷たすぎると嫌がる子もいるようです。様子を見て調節してあげましょう。

 

ちなみに、ミネラルウォーターは尿石の原因になることがありますので、避けましょう。

 

◎食事

フードは「総合栄養食」と記載のあるものを選びましょう。

栄養成分の偏りは、尿石ができる原因になることがあります。

 

消化の悪い食事を与えることも、便に水分が取られ、尿が濃くなってしまいます。

 

また、ミネラル分の多い食品、シュウ酸を多く含む食品はあげすぎると尿石の原因になります。

かつおぶし、にぼし、のりなどの乾物、ほうれんそうなどのアクのある野菜は、あげすぎに注意です。

 

◎体重管理

肥満になると、尿トラブルが起こりやすい傾向にあります。

食事量を調整して、理想体重を保てるようにしましょう。

定期的な体重測定をおすすめ致します。

 

 

できるだけ快適に、健康でいてほしいですね。

普段からおしっこの状態を確認しておくと、異常が出たときに気付きやすきなります。

回数、色、おしっこの体勢などを普段から観察しておきましょう。

 

 

ここからは最近のわが家の近況です(^^)

 

にゃんこ達は、それぞれお気に入りの場所で寝ています。

 

 

しょうは、だいたいタワーやキャリーバッグの中で。

ちょっと前の写真ですが

20201123_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

らいは、日当たりのいい時間は爪とぎベッドの中で。

この顔…何を考えているのでしょうか(笑)

 

20201123_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

れんは、日のあたる時間はカーテンと窓の隙間が好きなのですが、新しいベッドが来てからは…

20201123_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

中にはらんが寝ているのですが、上から狙っています(^^;)

 

日中はだいたい、らんがベッドを独占しているのですが、こうして寝れない日は…

20201123_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

らんが譲って日向ぼっこです♪

パワーチャージしているのでしょうか(≧▽≦)

 

夜は父の横でゆったりと♪

20201123_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

以上、わが家の近況でした。

早いもので、11月もあと一週間ですね。

体調管理、気をつけましょう(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.11.16更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

空の高さや空気がすっかり秋めいていますね。

新型コロナウイルス対策として、院内を定期的に換気していますが、冷たい風が入ってくるようになりました。

今日は比較的暖かいですが、皆さま体調はいかがでしょうか?

 

わが家では、この時期に季節外れのニゲラが咲いています。

(開花期は5月です・・・笑)

 

20201116_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

毎年こぼれ種で勝手に育ってくれるニゲラ。

通常は今の時期に発芽しだして、春に咲くのですが・・・大好きな花なので、毎日庭に出ては一人にんまりしています(^^)

 

春よりも小さくて少量ですが、ラズベリーもちらほら。

 

20201116_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

小さな100円ポット苗だったラズベリーですが、数年経った今では、数メートル幅の大きさになり、春に毎日ボウルいっぱいの実を収穫できるほどになりました。

自分で育てたものを食べられるって幸せですヽ(*^^*)ノ

 

 

 

さてさて、すっかり寒さが増して忘れてしまいそうになりますが、フィラリア症予防はもうちょっと続けましょう!

蚊が媒介するフィラリア症は、蚊が完全にいなくなった「後」まで予防が必要になります。

 

毎月上旬に予防されている方は12月上旬まで
毎月中旬に予防されている方は12月中旬まで
毎月下旬に予防されている方は11月下旬まで

予防をしましょう!

 

 

わんちゃんを連れてのお薬の処方は

9:00~11:30

15:00~18:30

となります。

 

飼い主さまのみのお薬の処方は

9:00~12:00

15:00~19:00

となります(^^)

お受け取りの時間を短縮されたい方は、事前にご連絡をいただけましたら、こちらでお薬をご準備しておきますのでおっしゃってくださいね(^^)

 

フィラリア症予防は最後の投与が重要になりますので、忘れずに予防してあげましょう!

 

 

 

そして、寒くなってきてわが家のネコたちは・・・

暖を求め、膝の上でぬくぬくしてくれるようになりました~!

 

20201116_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

幸せすぎて動けません 笑

寒い時期の楽しみといったらコレですね~(^^)

 

そして当院ブログ初登場!

わが家の金魚、いなちゃん(女の子・3歳)は・・・

暑かった夏場でも、涼しい秋になっても、相変わらず食欲旺盛の元気ちゃんです(^^)

 

20201116_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

毎日「ごぉーはぁーんーーー!!」の圧がすごいです 笑

 

20201116_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

お祭りの金魚すくい出身のいなちゃん。

当時は2センチの稚魚でした(すくった本人曰く、泳いでいた中で一番小さい子をすくったそう)。

今年の春になんと産卵∑(O_O;)、女の子と判明しました。

 

「ビー玉をつついて隅にやる」という遊びが好きです(^^)

わんちゃん・ねこちゃんもかわいいですが、金魚もかわいいですね~( ´艸`)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.11.09更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

いいお天気ですね。今日は少し気温が下がると聞いて、着込んで出勤しましたが…あれ?そうでもないですか?(^^;)

皆様はお変わりございませんか?

 

 

今日は、ねこちゃんが喜ぶ触り方についてのお話です。

皆さまは普段、ねこちゃんとスキンシップされていますか?

 

普段からスキンシップを図ることは、飼い主様にもねこちゃんにもいいことずくめなんです(^^)

 

 

【タイミング】

膝の上に乗ってきたり、近づいてきたり、すりすりしてきたり…

ねこちゃんがリラックスしている時、甘えモードの時は「触っていいよ♪」のサイン。優しくなでてあげましょう♪

 

ねこちゃんによっては触られるのが苦手な子もいますので、様子を見ながらにしましょう。

 

 

【こんな時は要注意!】

しっぽをパタパタしたり、耳をふせているときはご機嫌ナナメのサインです。

また、うなったり、「シャーッ」と威嚇している時は怒っているサイン。攻撃してくることもありますので、そっとしておきましょう。

 

 

【触ってほしいところ】

ねこちゃんによっても触るのを許容してくれる場所は違いますので、一般的な話になりますが…

 

◎顔周り

自分自身でグルーミングできない顔周り。比較的喜んで触らせてくれる子が多いです。

耳の付け根やひげの周り、顎の下などを優しく触りましょう。

 

◎首や肩、背中

毛並みに沿って、ゆっくり優しくなでてあげましょう。

好き嫌いがわかれますが、しっぽの根元を触られるのが好きな子もいます。

 

 

【こんな場所は苦手かも?】

お腹や腰を触ったり、足先をギュッと持つのを嫌がる子が多いです。

足先は爪を切るときに持たないといけないので、幼少期から触ることに慣れておくといいですよ。

ギュッと持つと嫌がることが多いので、そっと握る程度にしましょう。

 

 

【スキンシップはいいことだらけ♪】

普段からスキンシップしていると、身体の異常に気付きやすくなりますし、触ることに慣れていると、ブラッシングや爪切りなどの日常のお手入れもしやすくなります♪

そしてそして、ねこちゃんをなでていると、ねこちゃんが気持ちいいのはもちろんですが、飼い主様もねこちゃんによる癒しの効果で幸せな気持ちに…(*´∀`*)いいことだらけですね~♪

 

 

でもねこちゃんは、気持ちいいことが長く続くと危険だと感じてしまい、攻撃してくるようになることがあります。

様子を見ながら、ねこちゃんが喜んでくれる短時間でおしまいにしましょう。

 

 

わが家のにゃんこで言うと、れんは頭の上をなでるのが苦手で、らいはお腹をなでると噛んでくることがあります。にゃんこそれぞれですね。

 

力加減もねこちゃんによって好みがありますので、色々試してみてください。

 

また、これからの季節は静電気に注意しましょう。

ねこちゃんがびっくりして触るのを嫌がるようになることもあります。

 

皆さまも、たくさんスキンシップされて下さいね♪

 

 

 

さて、最近わが家には新しいベッドが仲間入りしました。

 

他のベッドであまり寝ない、らんが使ってくれないかなと期待を込めて買ってみました(^^)

 

20201109_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

期待通り、寝てくれています(〃▽〃)

 

20201109_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

最初はみんなで偵察していましたが、最近はれんとらんが主に使うようになりました。

 

にゃんこ自身の重みで、よくななめになって飛び出し気味で寝ています(;´∀`)

 

20201109_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

気に入ってくれているようで安心しましたヾ(*´∀`)ノ

肌寒くなってから、にゃんこが寄り添ってくれる良い季節になりました♪

皆さまも、うちの子たちとまったりお過ごし下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

前へ

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook