2020.02.17更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

春の気配も何処へやら、今日は風も強く寒いですね。

雪も降るという予報です。

皆さま暖かくしてお過ごし下さいね。

 

 

今回は「猫バンバン」のお話です。

この「猫バンバン」、ご存知の方も、ご存じない方もいらっしゃるかと思います。

 

「猫バンバン」とは、「車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んだ猫を逃がすために、ボンネットをバンバンと叩く行為、およびそれによって猫の安全や生命を守る取り組み」です。

 

決して猫をバンバンたたく・・・というものではありません(^^;)

(数年前、これを全く知らなかった私は「猫バンバン」という文字を見た瞬間に、心臓がギュッと痛くなったのを思い出します(^^;))

 

 

 

ふわ「おかーさん(私)は猫ナデナデしか知らないからねー。」

 

20200217_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

私「「猫モフモフ」も知ってるもーん。」

 

20200217_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

つやつや毛質の黒猫ふわと、ふわふわ毛質の長毛もこ、二匹同時にモフモフする時の至福ったらありません\(*^▽^*)/

 

 

 

話を戻しまして・・・

「猫バンバン」は日産自動車により提唱され、他の自動車メーカーなどにも拡がりをみせています。

 

寒い時期だけでなく、一年を通して、猫ちゃんが止まっている自動車のエンジンルームやタイヤハウス(タイヤの周りの隙間)などに入り込んでしまうことがあります。

狭くて暗い隙間が好き、外敵から隠れられて安全、そして雨風を凌げるためです。

身体が小さい子猫に多いそうです(隙間に入り込めるため)。

 

実際にボンネットを開けて中を見てみたんですが、本当に子猫や小さめの猫が下から入り込めるくらいの隙間があるんですよね・・・。

もしも、猫ちゃんが隙間から入り込んでしまい、ドライバーがそれに気付かずにエンジンをかけて発車してしまったら、その子はどうなってしまうでしょうか・・・。

 

どんどん熱くなるエンジン部や、ファンやベルトの回転部に巻き込まれるかもしれません。

危険にさらされるだけでなく、命を落としてしまった、という事例もあります。

 

JAFが公表した情報によりますと、2019年1月の1ヶ月間だけでも「動物がエンジンルームに入り込んでしまっている」という救援要請が27件あり、うち25件が猫ちゃんだったそうです。

 

そのような事故を防ぐためにも、普段からエンジンをかける前に「猫バンバン」をやってみませんか(^^)?

 

 

やり方は至って簡単です(^^)

車に乗る前にボンネットを優しく叩くだけです。

 

強く叩くと逆に怖がってしまい、もっと奥へと入り込み出てこなくなる事もあります。

「今から車動かすよ~。入ってたら出てきてね~。」という優しい気持ちで叩いてみてください。

寝ている子を起こすようなイメージです。

 

また、周囲に人がいてやりづらい・・・という時には、ボンネットを叩くのではなくドアを少し強めに開け閉めしてみるのも効果的なのだそう。

猫ちゃんの鳴き声がしないか確認してみるのもいいですね。

 

車の下やタイヤの隙間などもチェックしましょう。

休んでいる子だったり、エンジンルームから出てきた猫ちゃんが隠れている事もあります。

 

 

駐車場の周りで頻繁に猫ちゃんを見かける方、長い間車に乗っていない方などは、猫バンバンだけでなくボンネットを開けて猫ちゃんがいないか確認するのがいいそうです。

 

 

この時期は、寒さも凌げるためエンジンルームに入ってしまう子が多いそうなので、出発前のちょっとした思いやりとして、猫バンバン、やってみてくださいね(^^)

 

20200217_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

そして余談ですが・・・

先日はバレンタインデーでしたね。

普段はドライフードのみのわが家の猫たちも、この日はちょっと美味しいウェットフードをプレゼントしました(^^)

 

準備を始めたあたりから色めき立つ、深津家のシスターズ。

 

20200217_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

良い感じの写真を撮りたい飼い主(私)と、そんな事どうでもいいから早く食べたい猫たち。

 

そしてフライング常習犯の姉(もこ) 笑

 

20200217_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

仲良く二匹で食べて、最後は指に付いたのも舐めて・・・

 

20200217_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

そして美味しかったと言わんばかりに入念にグルーミングをした後は、この表情・・・

 

20200217_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

「美味しかったねー・・・。」

「んー・・・。」

なんてまったりした会話が聞こえてきそうです 笑

 

 

こんなに喜んでくれるので、毎日食べさせてあげたいところですが、いざという時(食欲が落ちた・投薬が必要・爪切りや足裏のカットを頑張ったご褒美など)のためや、そして健康のためにも、わが家ではおやつとウェットフードは時折しか与えていません。

 

美味しそうに食べてくれているのを見ているだけでも、とっても心が癒されました(^^)

プレゼントをした側だけど、もらう側にもなっている・・・WIN WINです 笑

 

毎日幸せをくれてありがとうね~(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.02.10更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、ちょっぴり春の気配がしますね♪お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

 

今日は、わんちゃんの遊びのおはなしです。

 

 

【なぜ遊びが必要?】

 

わんちゃんは、遊ぶことが大好きです(^^)

昔、狩りをしていたわんちゃんにとって、遊びは「本能」です。

飼い主さまが、おもちゃを使って一緒に「狩りの練習」をしましょう。

おもちゃを獲物に見立てて、チラッと見せたり、動かしたり、本能を刺激するような遊び方をしてあげて下さい(^^)♪

 

遊びが不足すると、吠える、モノを壊すなど、してほしくないことにエネルギーを向けるようになることがあります。

逆に、子犬の頃からたくさん遊びに触れてきたわんちゃんは、大きくなってからも人を信頼して、言うことをよく理解できるそうですよ。

 

 

【どんなおもちゃがいい?】

 

おもちゃには、ひとりで遊べるおもちゃと、一緒に遊べるおもちゃがありますが、わんちゃんによって好みは様々です。

 

☆ひとりで遊べるおもちゃ

 

知育おもちゃや、かじるおもちゃ、音の鳴るおもちゃがあります。

知育おもちゃは、おやつを隠して探し出す、宝探しのようなものや、おやつを入れたおもちゃから、うまくおやつを取り出すようなものもあります。食べることが大好きな子なら、夢中になって遊んでくれるかもしれません。

 

かじるおもちゃは、ゴムやロープなどでできた、かじるためのおもちゃです。かじることが大好きなわんちゃんにオススメです。

特に、子犬の時期は、歯の生え変わりで色々かじりたくなります。

かじってはいけないものをかじっている時は、かじっていいおもちゃと交換してあげましょう。

 

 

20200210_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

☆飼い主さまも一緒に遊べるおもちゃ

引っ張りっこできるおもちゃや、ボールやフリスビーなどの投げて取ってくるおもちゃがあります。

飼い主さまも一緒に遊べるので、おすすめです♪

 

おもちゃで遊ぶ前には、おもちゃのチェックをしましょう。

飲み込んでしまう大きさではないか、ほつれなどがないかなど、事前に確認してから渡してあげましょう(o^∇^o)ノ

また、おもちゃを使うのは、目の届く範囲にしましょう。

留守中など、置きっぱなしにしていると、万が一飲み込んでしまうと危険です。

 

 

【わんちゃんが喜ぶ遊び方】

 

◎たくさん褒めてあげる

上手くいったら、思いっきり褒めてあげましょう!

わんちゃんは、「楽しい」と感じると繰り返す習性があるので、褒めてあげるとどんどんノリノリに、遊び好きになってくれると思います♪

 

◎ONとOFFのメリハリをつける

遊ぶ時は、飼い主さまも全力で一緒に楽しみましょう♪

途中、「ちょうだい」など声掛けをして、口に咥えたものを放す練習をします。

放してくれたら、「ごほうび」と交換です。

終わる時には、「おしまい」など、声をかけて、おもちゃを片付けてきっちり終わります。

片付けて、また遊ぶ時に出してあげることで、おもちゃが「特別なもの」になります。

 

◎色々なおもちゃを準備する

一種類だけだと、飽きてしまうことがあります。

何種類か準備して、日によって変えてあげると喜んでくれますよ♪

 

 

20200210_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

わが家のわんこ、ハルも、小さい頃はお気に入りのぬいぐるみがあり、いつも一緒だった記憶があります(*^^*)

ボールよりも、ぬいぐるみ派でした(^-^)

 

20200210_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

最近は、寝ることが多くなり、おもちゃでは遊ばなくなりましたが、お散歩は大好きです♪

 

20200210_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

老犬になっても、わんちゃんが喜んでくれるようでしたら、無理のない範囲で遊びましょう。

筋力低下を防いだり、脳の活性化につながります。

 

皆さまもぜひ、一緒に遊んでください♪

わんちゃんだけでなく、飼い主さまも楽しめますし、信頼関係が深まって、ますます仲良しになれると思いますよ(*´∇`*)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.02.03更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

雨雨雨・・・。

しばらくの間ずっと雨続きでしたが、やっと2日前からお日様が出てきましたね~。

 

20200203_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

久しぶりに庭に出てみたら、雨水をたっぷりもらったわが家のバラは、新芽を出して生き生きしていました。

日差しや、風や、植物たちを見ていると、春が少しずつ近づいてきているのを感じます。

待ち遠しいですね(^^)

 

 

 

さて、昨日は令和2年2月2日、にゃんにゃんにゃんの日でした!

それにちなんで今回は、ネコちゃんの「遊び」についてのお話です。

遊ぶタイミングや内容、時間、そもそもネコちゃんにとって遊びって何?必要なの?・・・などなど(^^)

 

 

 

「遊びは必要?」

 

ネコちゃんは遊ぶことが大好きです(^^)

生来のハンターであるネコちゃんは、「狩りをして、獲物を捕らえる」という行為が本能的に備わっています。

室内で生活しているネコちゃん達は、生きるために狩りをする必要はありませんが、その本能はなくしていません。

 

追いかけたり、ジャンプしたりといった全身を使った動きや、獲物を待ち伏せする、忍び寄る、隠れた場所から飛び出てきた獲物に飛び掛る・・・といった行動も、ネコちゃんにとって楽しいものです。

 

飼い主さまとの大切なコミュニケーションにもなりますので、ぜひたくさん遊んであげましょう(^^)

 

 

「タイミングはいつ?」

 

といっても、遊ぶタイミングはいつでもどんな時でもいいのか?というとそうでもありません。

食後すぐの激しい運動は控えるべきですし(人間もそうですね)、まったりと休んでいるときに遊びに誘っても、あまり乗り気になってくれない事もしばしばあるかと思います(人間もそうですね・・・笑)。

 

20200203_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

ネコちゃんにとっての遊びは、イコール「狩り」なので、多少の空腹感がある食事の前がいいタイミングです。

 

 

「どんなおもちゃが好き?」

 

●一緒に遊ぶ双方向的おもちゃ・・・人とネコちゃんが一緒になって遊ぶおもちゃです。

飼い主さまが狩りに似た遊びを与えます。

例えば、羽などが付いた棒や、紐の先に小さな獲物などが付いたおもちゃは「獲物を捕まえたい!」という遊び心に火をつけますよ(^^)

 

20200203_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

●離れて遊ぶおもちゃ・・・投げて、持ってこいができるもの。

キラキラしたボールや音のするボール、ねずみのぬいぐるみなど。

わが家では、たいていソファの奥や食器棚の下に入り込んで、人間が救出しています 笑

 

20200203_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

●自動で動くおもちゃ

電池で動く類のものです。

スイッチを入れれば、後はおもちゃがやってくれます。

遊んであげる時間が取れない時などはいいかもしれませんね。

 

●レーザーポインター

大好きな子が多いです(^^)

が、おもちゃとしては完結できない部分があります。

レーザーポインターは噛み付いたり、捕らえたりといった狩りの醍醐味がなく、ひたすら追いかけるのみ。

遊び始めにレーザーポインターをウォーミングアップとして使い、その後実体のあるおもちゃに取り替えるといいですね!

 

20200203_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

トカゲやネズミのように地面を這うものが好きな子、鳥や蝶のように空を飛ぶものが好きな子、ヘビのようにクネクネしたものが好きな子など、ネコちゃんによっても好みがありますので、お家の子がどんなタイプのおもちゃが好きか、そしてどんな遊び方が好きか、ぜひ探してみて下さいヽ(=´▽`=)ノ

 

 

20200203_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

同じおもちゃばかりで遊んでいると、だんだんと飽きてしまい、そのおもちゃに反応しなくなります。

ネコちゃんの興味を持続させるために、いくつかのおもちゃを代わる代わる使うようにしましょう。

 

 

「遊ぶ時のコツ」

 

おもちゃを鳥やネズミ、虫に見立てて動かします。

左右に振ったり、小刻みに動かしたり、ピタッと止めて急に飛び立たせたりして、ネコちゃんに追いかけさせます。

クッションやドアの陰などにおもちゃを隠し、チラッと見せるように動かしたりしても飛びついてきますよ(^^)

 

飛び掛れば捕まえられるような距離にしてあげると、飛び掛るタイミングや距離をとるために、目をクリクリさせながらお尻をフリフリ・・・なんて可愛い仕草をすることもあります(*゚ー゚*)

これがまたカワイイんですよね~(^^)

 

そしてこれが大事です!

最後は、必ずネコちゃんに獲物を捕らえさてあげましょう。

ネコちゃんに「捕まえた!」という達成感を味合わせてあげますd=(´▽`)=b

 

噛み噛み、ケリケリしたりして、そのうち獲物を離したら、再度飼い主さまが生き物に見立てて動かす・・・を繰り返します。

 

 

「時間はどれくらい?」

 

ネコちゃんは、瞬発力は抜群ですが持久力はありません。

一回の遊びの目安は15分です。

遊びの時間を構成して、比較的短い時間活発に遊んだら、次は緩やかな遊びに変え、また活発に遊ぶ・・・とリズムを作りましょう。

何度か繰り返していると、ネコちゃんがあまり盛り上がらなくなってきます。

そうしたらひとまず遊びは終了です。

 

 

ネコちゃんにとって遊びはストレス解消だったり、運動だったり、飼い主さまとのコミュニケーションだったり・・・と大切な意味を持っています。

 

「今日は忙しいから明日ね。」を「今日は忙しいから○○分だけね。」というように、毎日少しずつでもいいので、ぜひお家の子と遊んであげて下さいね(^^)

 

20200203_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.01.27更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

昨夜からすごい雨風ですね。

外出される方は、道中お気をつけ下さい(>_<)

 

今日は、わんちゃんの“ほりほり”のおはなしです。

 

わんちゃんが、毛布やクッションなどを一生懸命掘っているような姿を見かけることがありませんか?

 

野生時代には、巣穴を掘って寝ていた為、眠る前には寝床を自分の寝やすいように整える習性があります。

眠る前の儀式のようなものですね(^^)

 

その他にも、遊びの一環だったり、退屈な時、または匂いなど気になるものがあって、ハンティングのスイッチが入って無心でほりほりしたり、大好きなおやつやおもちゃを“巣穴”に隠す子もいます。

 

 

ほりほりすると、クッションや毛布がひっちゃかめっちゃかに…

大事なものが破れたり、わんちゃん自身も爪がひっかかったりという心配もありますよね。

 

あまりに長く続く場合は、寂しさやストレスからしている可能性もあります。

そんな時は、お散歩や遊びの時間・内容を見直したり、ふれあいの時間を多くとったりと、わんちゃんが満足が得られるよう見直してみてもいいかもしれません。

 

本能からしている行動なので、完全にやめさせるのは難しいと思いますが、「ほりほりしてもいいもの」を準備してあげましょう♪

 

ソファーなど、動かせないものにはカバーをかけたり、クッションや毛布は手の届かない所に置くなどの工夫をするといいと思います。

 

また、好きなおもちゃなど、別のものに気をそらしてあげたりと、叱らずに見守ってあげましょう。

 

 

わがやのわんこ、ハルもほりほりが大好き。

 

毛布やクッションはもちろん、こたつ布団やカーペット、あらゆる布製品を毎日ほりほり。

あっという間に隣の部屋に運んでしまうことも(;^_^A

 

「そんなに掘ったらブラジルに着くよ」

「もうそろそろ温泉が出るんじゃない?」

と、冗談の尽きない会話。

 

ハルのおかげで、にぎやかに過ごしております 笑

足腰が心配なので、あまり激しくほりほりしないでほしいんですけどね(^▽^;)

 

20200127_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

そんなハルも先日誕生日を迎え、めでたく16歳に。

 

最近は寝ることが多くなりました。

 

20200127_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

元気でいつもそばにいてくれることに感謝です。

 

誕生日には、ハルの好きな鶏肉でジャーキーを作ってあげました♪

 

20200127_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

作っている間、おいしそうな匂いでそわそわ落ち着きがなかったハル。

「カリッ」と音を立てて、おいしそうに食べていました(*^^*)

これからも元気に長生きしてね(´∀`)♪

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.01.20更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

雨が降ったり曇っていたり。

ここ数日は、なかなかすっきり良いお天気になりませんね。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回は、ネコちゃんの「クラッキング」についてのお話です。

 

クラッキングとは、口を素早く動かしながら「カカカ」「ケケケ」といった鳴き声を出すことです。

ネコちゃんによっては、歯をカチカチと鳴らすだけだったり、小刻みに「ニャニャニャ」と鳴く子もいます。

 

ちなみにわが家の長毛猫、もこは「ニャニャニャ」です。

 

20200120_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↑クラッキングしているもこ。

 

 

このクラッキング、どういった時に鳴いて、どういった気持ちや意味があるのでしょうか?

 

クラッキングは主に室内飼いのネコちゃんに多く見られます。

全ての室内飼いのネコちゃんがやるわけではなく、やらない子もいますし(もう一匹のわが家の短毛猫・ふわはやりません)、野良のネコちゃんでもやる事もあるようです。

同じネコ科のトラやライオンはやりません。

 

では、どういった時にクラッキングするかというと、『「獲物」がいるのに捕まえられない時』にやります。

 

この時の「獲物」とは、窓の外の小鳥や爬虫類だったり、室内であれば、手の届かない場所にいる、小さな虫やおもちゃのレーザーポインターだったりと様々です。

ネコちゃんにとって「獲物」となり得るものが対象になるようですね(^^)

 

クラッキングの意味としては、

●獲物に手が届かずにもどかしい

●獲物を見つけて本能的に鳴き声が漏れている

●対象物を見て不安や警戒をしている

 

といった気持ちがあると言われています。

 

獲物を見つけても捕まえに行けないもどかしさや、おもちゃで集中して遊んでいる時に捕まえたくてしかたがないと、興奮してクラッキングしてしまうようです。

 

↓天井にあるレーザーポインターを見つけてからの~・・・

 

20200120_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↓クラッキング!

「ニャニャニャ・・・ニャッニャッ」

 

20200120_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ん~かーわいい!(飼い主バカですヽ( ̄▽ ̄)ノ)

 

 

獲物の出す音を真似ているという説もあり、2013年に発表されたスウェーデンの研究では、本物の鳥の鳴き声とネコちゃんが歯を鳴らして立てる鳥のさえずりのような音やキーキーという音を比較し、部分的に一致していることを証明しています。

 

普段は「にゃ~」と鳴くネコちゃんが、「カカカ」と鳴く姿はちょっと珍しいですよね(^^)

その時、その時の鳴き方で、色々な気持ちを表現している「うちの子」たち。

その気持ちをわかってあげられると良いですね(^^)!

 

20200120_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.01.14更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

雨も降り出して、寒い一日になりそうですね。

体調を崩しやすい季節ですが、暖かくしてお過ごし下さい(´▽`)

 

今日は、カーミングシグナルのおはなしです。

 

カーミングシグナルとは、カーミングは「落ち着かせる」、シグナルは「信号」の意味で、ボディーランゲージ(行動やしぐさで気持ちを表現すること)の1つです。

興奮している相手、自分自身を落ち着かせるために用いると言われています。

わんちゃんの祖先の、オオカミもしていた行動だそうですよ。

 

今日は一部ご紹介いたします。

 

まずはわんちゃんのカーミングシグナルです。

 

【あくびをする】

緊張した時、ストレスを感じた時、また、自分や相手を落ち着かせたい時に見られます。

知らない人や犬に会った時、初めての場所に行った時、怒られた時などに見られる仕草です。人で言うため息のようなものでしょうか。

 

【身体を掻く】

緊張をほぐしたいときに、痒いわけではないのに身体を掻く仕草をすることがあります。

 

【鼻を舐める、舌を出す】

とても緊張している時、ストレスを感じたり、落ち着きたい時などに見られます。

 

【目をそらす、横を向く】

目と目が合うと攻撃のサインだと言われているので、目をそらすことで、「敵意がない」、また「無関心」だということを示し、相手をクールダウンさせたい時に見られます。

 

20200114_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

【においを嗅ぐ】

地面や床などのにおいを嗅ぐ行動は、においを確認する意味もありますが、ストレスを感じている時、また相手に無関心だと示したい時に見られるようです。

 

【身震いする】

緊張から開放された時、落ち着きたい時などに見られ、例えば、お散歩中に知らないわんちゃんと会った後などに見られる事があります。

 

 

次にねこちゃんのカーミングシグナルです。

 

【あくびをする】

怒られた時にストレスを感じて、または何か失敗した時、気持ちを切り替える意味であくびをするようです。

 

【喉をゴロゴロ鳴らす】

甘えている時、嬉しい時に喉をゴロゴロと鳴らします。

また、不安に感じた時に自分を落ち着けるために鳴らすこともあるのだとか。

ちなみに、眠ってしまうと鳴らさないようですよ(o^-^o)

人を癒す効果もあると言われるゴロゴロ♪聞こえてくるとほっこりしますね(*´∇`*)

 

20200114_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

【爪とぎ】

爪とぎはねこちゃんにとって大切なもの。

爪とぎをするのは、古い爪をはがしたりと、爪のメンテナンスの意味もありますが、気分転換の意味や、マーキング、また、かまってほしいときに見られることもあるようです。

 

【毛づくろいをする】

身体をきれいにする意味もありますが、緊張した時、怒られた後など、気持ちを落ち着けるために毛づくろいしたり、食後などリラックスしている時に見られることもあります。

 

【しっぽを振る】

わんちゃんは嬉しい時にしっぽを振ると言いますが、ねこちゃんはイライラしている時にしっぽを左右に振ります。

 

 

カーミングシグナルは、生まれつきどの子にも備わっている能力ですが、ストレスが多い環境で暮らしていたり、飼い主さんがサインを無視する状況が続くと、気持ちを表現しなくなる事があるようです。

 

代表的なものをご紹介しましたが、上記の行動が見られると絶対にその意味だというわけではなく、おかれている状況によっても変わりますので、普段からよく観察してみてください。

 

いつも一緒に過ごしていると、なんとなく気持ちが伝わってきますよね(^^)

 

20200114_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.01.04更新

新年明けましておめでとうございます。

 

20200104_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

新しい年が始まりましたね!

今年も、皆さまの大切なわんちゃん・ねこちゃんたちの健康のお手伝いができればと思います。

 

「うちの子」の元気は、私たち家族の心の元気に繋がります。

「うちの子が元気でいてくれる」ってとっても幸せなことですよね(^^)

 

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

20200104_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

20200104_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

ふかつ動物病院スタッフ一同より

 

※当院は本日より通常診療いたしております。

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2019.12.30更新

こんにちは。ふかつ動物病院です。

 

気付けば今年もあと2日。「あっっ!」と言う間の12月でした。年末いかがお過ごしでしょうか?

 

当院の今年の診療も、本日で終了となりました。

 

一年間ありがとうございました。

 

 

20191230_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

至らぬ点も多々あったかと思いますが、皆様のかわいいご家族の健康管理のお手伝いができたこと、大変有難く思っています。

 

 

当院の年末年始のお休みは、

 

12/31(火)~1/3(金) 4日間です。

 

1/4(土)より通常診療となります。

 

年末年始は、いつもと環境が変わって体調を崩しやすい時期です。どうぞ体調管理、お気をつけ下さい。

 

皆様健康でお正月を迎えられますように(*^^*)

よいお年をお迎え下さいヽ(´▽`)/

 

ふかつ動物病院スタッフ一同

 

20191230_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2019.12.23更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

気付けばもう年末、お正月に向けてラストスパートの日々ですね!

慌しい時期ですが、皆さまお変わりございませんか?

 

明日、明後日は年末の楽しいイベント、クリスマスですね♪

わが家では、ツリーを出して飾りつけをしたり、ケーキを皆で食べたりするくらいですが・・・

 

今年のクリスマスは、うちのにゃんこたちにプレゼントを用意しました!

愛情込めて、手作りおもちゃの~

 

20191223_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

毛糸のポンポン!

鈴も付けてみたので、遊ぶとチリチリと音も出ます(^^)

 

作り方はいたって簡単です(^^)

 

20191223_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

毛糸、鈴、ポンポンメーカー(無くても出来ます)、全て100円ショップさんで購入しました。

 

20191223_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↑ポンポンを作って、後はハサミで丸く整えるだけです(^^)

1つ作るのに7~8分くらいでしょうか・・・あっという間に出来ます。

 

クリスマス前ですが、早めにプレゼントしました。

「メリークリスマ~スヽ(=´▽`=)ノ」

 

20191223_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

見せた瞬間からおもちゃと分かったらしく、キュッと黒目が大きくなり、ヒゲもギュギュッと前方向に。

すぐにパクッと咥えて~

 

20191223_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

一生懸命、自分でちょいちょいと動かしては~

 

20191223_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

転がっていくポンポンを追いかけ、階段もダダダーーーっと駆け下りて。

 

↓黒猫のふわもおおはしゃぎ。

 

20191223_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

20191223_8_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

動きが早すぎてブレブレの写真になりました(^^;)

それはそれは大喜びでした!

 

簡単で大量生産ができ、かつコストパフォーマンスも良し!のネコおもちゃ、ぜひ皆さまも作ってみてはいかがでしょうか(^^)?

 

(※おもちゃは、使っていない時や人間がその場所を離れる時などは、誤飲のリスクを避けるために、必ずにゃんこたちの手の届かない場所にしまって下さい。)

 

 

スタッフ古川にもお裾分けしたところ、らい君が気に入ってくれたようで、投げたら咥えて持って来ては「もう一回投げて~」と何度も催促したそうです(^^)

喜んでもらえると嬉しいですね!

 

そんな古川家では、かわいい被り物のクリスマスキャットたちが私たちに癒しをプレゼントしてくれていますよ~(^^)

 

20191223_9_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

らんサンタちゃんと怪獣らい君です(^^)

「まったりしている時に被せれば、全然嫌がりません。」

だそうです。

さすが古川家のにゃんこたち!羨ましい!(わが家はたぶん超嫌がると思います、ので被せた事がありません 笑)

 

↓そしてトナカイさんにもなっちゃうトナカイらい君とサンタれん君(^^)

 

20191223_10_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

きっと毎日いい子だもんね~!

大好きなおやつがい~っぱい届きますように!

おもちゃは病院のサンタさん(私)がまた作ってプレゼントするよ~(*^.^*)!

 

皆さまも大切な「うちの子」と、素敵なクリスマスを過ごせますように!

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2019.12.16更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

ついに!12月も折り返しとなりました。早いですね~!

色々とお忙しい時期かと思いますが、どうぞ体調にはお気をつけ下さい。

 

 

今日は、当院で大切に育てているポインセチアの成長記録をお届けいたします。

 

ポインセチアは、短日植物と言って、日照時間が短くなると色づく植物なので、毎年短日処理(光を遮って、日照時間を調節すること)をしています(^^)

 

 

まずはこちら。今年の5月の様子です。

 

20191216_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

まだ昨年色づいた苞が鮮やかに残っています。

ちょうど剪定の時期なので、この後バッサリと剪定しました。

 

 

続いて、先月の写真です。

暗くて申し訳ないのですが、上のほうが少し色づいています(^^)

 

20191216_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

そして最後に現在の写真を。

 

20191216_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

短日処理を始める時期は、毎年大幅には変わっていないのですが、今年はまだ本格的に色づいていないようです(^▽^;)

 

徐々に赤く色づいてくれることを期待しています(o^∇^o)

 

もうすぐクリスマスですね。

大人になってもワクワクする季節です♪

皆さまもかわいいうちの子達と、楽しいクリスマスをお過ごし下さい(=^▽^=)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook