2018.11.12更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

すっかり秋らしくなり、毎日が少し肌寒く感じますね。

今日も雨でひんやりしています。

皆さま体調はいかがでしょうか?

 

わが家のにゃんこたちはというと、気持ち良さそうにスヤスヤと・・・

 

20181112_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

どこで寝ているかというと・・・

 

20181112_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

足の上。

暖かさを求めて乗って来るようになりました。

う~ん、お互い幸せですね~(^^)

 

猫同士も仲良しなので、

 

20181112_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

一つのカゴに入ってぬくぬく寝ては、ちょっと目を覚ませばぺろぺろ相方をグルーミング(^^)

 

かわいい光景が毎日見られます。

寒い時期ならではです。

癒されますね~(^^)

 

 

 

さて、肌寒くなってはいますが、まだ油断できないのがフィラリア症予防です!

 

予防が1年間持続する「注射タイプ」とは別に、1ヶ月ごとに投与する、錠剤やチュアブルの「経口タイプ」のお薬は、蚊が完全にいなくなった後まで投与が必要になります。

 

福岡地区では、11月下旬~12月上旬までが予防期間になりますので、

●毎月下旬に投与されているご家庭は11月下旬まで

●毎月上旬・中旬に投与されているご家庭は12月上旬・中旬まで

予防をされて下さい。

 

 

経口タイプのお薬は、投与すると、これから一ヶ月間予防効果があるのではなく、今までの一ヶ月間蚊に刺され、愛犬に感染した(かもしれない)フィラリアの子虫を駆虫するお薬です。

なので、投与した次の日以降は効果がありません。

 

もしも感染してしまったまま、最後の投薬をし損なってしまうと、翌年の春に始める予防時期まで、その子虫は野放し状態となってしまいます。

子虫が大きく育ってしまい、最終的には心臓に寄生してしまうんです。

 

すっかり秋になり、投与を忘れてしまいそうですが、もう少し予防薬が必要になりますのでご注意下さいね。

 

 

わんちゃんを連れてのお薬の処方は、

9:00~11:30

15:00~18:30

までの受付です。

 

飼い主さまのみの、お薬の処方は、

9:00~12:00

15:00~19:00

まで受付ております。

 

毎週木曜日以外にも、休診等いただいている日もありますので、当ホームーページやお電話にてご確認下さい。

 

フィラリア症予防は最後が肝心になります!

どうぞお忘れなく(^^)

 

20181112_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook