2020.02.24更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

先日は、令和2年2月22日、猫の日でしたね(=´∇`=)

 

わが家はいつも通り過ごしましたが、いつも以上にたくさんもふもふさせてもらって幸せでした(飼い主がですが)笑

 

 

今日は、肛門嚢(こうもんのう)のおはなしです。

 

 

肛門嚢とは…?

 

肛門の両側(肛門を正面から見て、時計で言うと、4時と8時の辺り)にある、分泌液が溜まるにおい袋のことです。

スカンクのにおい袋が有名かと思いますが、わんちゃんやねこちゃんにもあり、この袋の中には、強いにおいのする分泌液が溜まります。

 

わんちゃん・ねこちゃんが、他の子のお尻をクンクン嗅いでいるのを目にすることがあるかもしれませんが、あれは、挨拶や情報交換の為にしていると言われています。

 

分泌液のにおいには、たくさんの「個人情報」が詰まっていて、お互いに嗅ぎ合うことによって、「どこの誰か」「年齢」「性別」「体調」など、あらゆることがわかるのだとか。

 

複数飼育されているご家庭では、「おはよう♪今日の体調はどう?」なんて会話をしているかもしれませんね(^^)

黙ってにおいを嗅がせるのは信頼している証拠だそうですよ♪

 

肛門嚢は通常、排便する時や、興奮した時などに排泄するのですが、小型のわんちゃんや、肥満の子、高齢の子など、自分でうまく排泄できない子もいます。

猫ちゃんもたまに、うまく排泄できずに炎症を起こすことがあります。

 

 

もし、溜まってくると…

 

お尻を床にこすりつける

お尻を気にしてよく舐める

しっぽを追いかけてくるくる回る

 

などの行動が見られるようになります。

 

定期的にトリミングに行かれる場合は、その時に処置をしてもらえると思いますが、ご自宅でシャンプーされている場合や、溜まりやすい子は、定期的に絞らないといけません(絞らなくても自分で排泄している子もいます)。

 

 

20200204_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

我が家には、わんこ1匹・にゃんこ4匹いますが、にゃんこ達は不妊・去勢手術の時しか絞ったことがありません。

体質にもよりますが、このように処置が必要ない子もいます^^*

 

 

もし、上記のような症状が出たら、ご自身で絞るか、美容室もしくは動物病院で処置してもらいましょう。

 

 

溜まったままにしていたり、何らかの原因で炎症が起きると、分泌液が膿のようになり、破裂して出てくることがあります。

 

このようにならない為に、定期的なチェックをしてあげましょう。

 

 

20200204_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.02.17更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

春の気配も何処へやら、今日は風も強く寒いですね。

雪も降るという予報です。

皆さま暖かくしてお過ごし下さいね。

 

 

今回は「猫バンバン」のお話です。

この「猫バンバン」、ご存知の方も、ご存じない方もいらっしゃるかと思います。

 

「猫バンバン」とは、「車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んだ猫を逃がすために、ボンネットをバンバンと叩く行為、およびそれによって猫の安全や生命を守る取り組み」です。

 

決して猫をバンバンたたく・・・というものではありません(^^;)

(数年前、これを全く知らなかった私は「猫バンバン」という文字を見た瞬間に、心臓がギュッと痛くなったのを思い出します(^^;))

 

 

 

ふわ「おかーさん(私)は猫ナデナデしか知らないからねー。」

 

20200217_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

私「「猫モフモフ」も知ってるもーん。」

 

20200217_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

つやつや毛質の黒猫ふわと、ふわふわ毛質の長毛もこ、二匹同時にモフモフする時の至福ったらありません\(*^▽^*)/

 

 

 

話を戻しまして・・・

「猫バンバン」は日産自動車により提唱され、他の自動車メーカーなどにも拡がりをみせています。

 

寒い時期だけでなく、一年を通して、猫ちゃんが止まっている自動車のエンジンルームやタイヤハウス(タイヤの周りの隙間)などに入り込んでしまうことがあります。

狭くて暗い隙間が好き、外敵から隠れられて安全、そして雨風を凌げるためです。

身体が小さい子猫に多いそうです(隙間に入り込めるため)。

 

実際にボンネットを開けて中を見てみたんですが、本当に子猫や小さめの猫が下から入り込めるくらいの隙間があるんですよね・・・。

もしも、猫ちゃんが隙間から入り込んでしまい、ドライバーがそれに気付かずにエンジンをかけて発車してしまったら、その子はどうなってしまうでしょうか・・・。

 

どんどん熱くなるエンジン部や、ファンやベルトの回転部に巻き込まれるかもしれません。

危険にさらされるだけでなく、命を落としてしまった、という事例もあります。

 

JAFが公表した情報によりますと、2019年1月の1ヶ月間だけでも「動物がエンジンルームに入り込んでしまっている」という救援要請が27件あり、うち25件が猫ちゃんだったそうです。

 

そのような事故を防ぐためにも、普段からエンジンをかける前に「猫バンバン」をやってみませんか(^^)?

 

 

やり方は至って簡単です(^^)

車に乗る前にボンネットを優しく叩くだけです。

 

強く叩くと逆に怖がってしまい、もっと奥へと入り込み出てこなくなる事もあります。

「今から車動かすよ~。入ってたら出てきてね~。」という優しい気持ちで叩いてみてください。

寝ている子を起こすようなイメージです。

 

また、周囲に人がいてやりづらい・・・という時には、ボンネットを叩くのではなくドアを少し強めに開け閉めしてみるのも効果的なのだそう。

猫ちゃんの鳴き声がしないか確認してみるのもいいですね。

 

車の下やタイヤの隙間などもチェックしましょう。

休んでいる子だったり、エンジンルームから出てきた猫ちゃんが隠れている事もあります。

 

 

駐車場の周りで頻繁に猫ちゃんを見かける方、長い間車に乗っていない方などは、猫バンバンだけでなくボンネットを開けて猫ちゃんがいないか確認するのがいいそうです。

 

 

この時期は、寒さも凌げるためエンジンルームに入ってしまう子が多いそうなので、出発前のちょっとした思いやりとして、猫バンバン、やってみてくださいね(^^)

 

20200217_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

そして余談ですが・・・

先日はバレンタインデーでしたね。

普段はドライフードのみのわが家の猫たちも、この日はちょっと美味しいウェットフードをプレゼントしました(^^)

 

準備を始めたあたりから色めき立つ、深津家のシスターズ。

 

20200217_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

良い感じの写真を撮りたい飼い主(私)と、そんな事どうでもいいから早く食べたい猫たち。

 

そしてフライング常習犯の姉(もこ) 笑

 

20200217_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

仲良く二匹で食べて、最後は指に付いたのも舐めて・・・

 

20200217_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院 

 

そして美味しかったと言わんばかりに入念にグルーミングをした後は、この表情・・・

 

20200217_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

「美味しかったねー・・・。」

「んー・・・。」

なんてまったりした会話が聞こえてきそうです 笑

 

 

こんなに喜んでくれるので、毎日食べさせてあげたいところですが、いざという時(食欲が落ちた・投薬が必要・爪切りや足裏のカットを頑張ったご褒美など)のためや、そして健康のためにも、わが家ではおやつとウェットフードは時折しか与えていません。

 

美味しそうに食べてくれているのを見ているだけでも、とっても心が癒されました(^^)

プレゼントをした側だけど、もらう側にもなっている・・・WIN WINです 笑

 

毎日幸せをくれてありがとうね~(^^)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.02.10更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、ちょっぴり春の気配がしますね♪お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

 

今日は、わんちゃんの遊びのおはなしです。

 

 

【なぜ遊びが必要?】

 

わんちゃんは、遊ぶことが大好きです(^^)

昔、狩りをしていたわんちゃんにとって、遊びは「本能」です。

飼い主さまが、おもちゃを使って一緒に「狩りの練習」をしましょう。

おもちゃを獲物に見立てて、チラッと見せたり、動かしたり、本能を刺激するような遊び方をしてあげて下さい(^^)♪

 

遊びが不足すると、吠える、モノを壊すなど、してほしくないことにエネルギーを向けるようになることがあります。

逆に、子犬の頃からたくさん遊びに触れてきたわんちゃんは、大きくなってからも人を信頼して、言うことをよく理解できるそうですよ。

 

 

【どんなおもちゃがいい?】

 

おもちゃには、ひとりで遊べるおもちゃと、一緒に遊べるおもちゃがありますが、わんちゃんによって好みは様々です。

 

☆ひとりで遊べるおもちゃ

 

知育おもちゃや、かじるおもちゃ、音の鳴るおもちゃがあります。

知育おもちゃは、おやつを隠して探し出す、宝探しのようなものや、おやつを入れたおもちゃから、うまくおやつを取り出すようなものもあります。食べることが大好きな子なら、夢中になって遊んでくれるかもしれません。

 

かじるおもちゃは、ゴムやロープなどでできた、かじるためのおもちゃです。かじることが大好きなわんちゃんにオススメです。

特に、子犬の時期は、歯の生え変わりで色々かじりたくなります。

かじってはいけないものをかじっている時は、かじっていいおもちゃと交換してあげましょう。

 

 

20200210_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

☆飼い主さまも一緒に遊べるおもちゃ

引っ張りっこできるおもちゃや、ボールやフリスビーなどの投げて取ってくるおもちゃがあります。

飼い主さまも一緒に遊べるので、おすすめです♪

 

おもちゃで遊ぶ前には、おもちゃのチェックをしましょう。

飲み込んでしまう大きさではないか、ほつれなどがないかなど、事前に確認してから渡してあげましょう(o^∇^o)ノ

また、おもちゃを使うのは、目の届く範囲にしましょう。

留守中など、置きっぱなしにしていると、万が一飲み込んでしまうと危険です。

 

 

【わんちゃんが喜ぶ遊び方】

 

◎たくさん褒めてあげる

上手くいったら、思いっきり褒めてあげましょう!

わんちゃんは、「楽しい」と感じると繰り返す習性があるので、褒めてあげるとどんどんノリノリに、遊び好きになってくれると思います♪

 

◎ONとOFFのメリハリをつける

遊ぶ時は、飼い主さまも全力で一緒に楽しみましょう♪

途中、「ちょうだい」など声掛けをして、口に咥えたものを放す練習をします。

放してくれたら、「ごほうび」と交換です。

終わる時には、「おしまい」など、声をかけて、おもちゃを片付けてきっちり終わります。

片付けて、また遊ぶ時に出してあげることで、おもちゃが「特別なもの」になります。

 

◎色々なおもちゃを準備する

一種類だけだと、飽きてしまうことがあります。

何種類か準備して、日によって変えてあげると喜んでくれますよ♪

 

 

20200210_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

わが家のわんこ、ハルも、小さい頃はお気に入りのぬいぐるみがあり、いつも一緒だった記憶があります(*^^*)

ボールよりも、ぬいぐるみ派でした(^-^)

 

20200210_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

最近は、寝ることが多くなり、おもちゃでは遊ばなくなりましたが、お散歩は大好きです♪

 

20200210_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

老犬になっても、わんちゃんが喜んでくれるようでしたら、無理のない範囲で遊びましょう。

筋力低下を防いだり、脳の活性化につながります。

 

皆さまもぜひ、一緒に遊んでください♪

わんちゃんだけでなく、飼い主さまも楽しめますし、信頼関係が深まって、ますます仲良しになれると思いますよ(*´∇`*)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2020.02.03更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

雨雨雨・・・。

しばらくの間ずっと雨続きでしたが、やっと2日前からお日様が出てきましたね~。

 

20200203_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

久しぶりに庭に出てみたら、雨水をたっぷりもらったわが家のバラは、新芽を出して生き生きしていました。

日差しや、風や、植物たちを見ていると、春が少しずつ近づいてきているのを感じます。

待ち遠しいですね(^^)

 

 

 

さて、昨日は令和2年2月2日、にゃんにゃんにゃんの日でした!

それにちなんで今回は、ネコちゃんの「遊び」についてのお話です。

遊ぶタイミングや内容、時間、そもそもネコちゃんにとって遊びって何?必要なの?・・・などなど(^^)

 

 

 

「遊びは必要?」

 

ネコちゃんは遊ぶことが大好きです(^^)

生来のハンターであるネコちゃんは、「狩りをして、獲物を捕らえる」という行為が本能的に備わっています。

室内で生活しているネコちゃん達は、生きるために狩りをする必要はありませんが、その本能はなくしていません。

 

追いかけたり、ジャンプしたりといった全身を使った動きや、獲物を待ち伏せする、忍び寄る、隠れた場所から飛び出てきた獲物に飛び掛る・・・といった行動も、ネコちゃんにとって楽しいものです。

 

飼い主さまとの大切なコミュニケーションにもなりますので、ぜひたくさん遊んであげましょう(^^)

 

 

「タイミングはいつ?」

 

といっても、遊ぶタイミングはいつでもどんな時でもいいのか?というとそうでもありません。

食後すぐの激しい運動は控えるべきですし(人間もそうですね)、まったりと休んでいるときに遊びに誘っても、あまり乗り気になってくれない事もしばしばあるかと思います(人間もそうですね・・・笑)。

 

20200203_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

ネコちゃんにとっての遊びは、イコール「狩り」なので、多少の空腹感がある食事の前がいいタイミングです。

 

 

「どんなおもちゃが好き?」

 

●一緒に遊ぶ双方向的おもちゃ・・・人とネコちゃんが一緒になって遊ぶおもちゃです。

飼い主さまが狩りに似た遊びを与えます。

例えば、羽などが付いた棒や、紐の先に小さな獲物などが付いたおもちゃは「獲物を捕まえたい!」という遊び心に火をつけますよ(^^)

 

20200203_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

●離れて遊ぶおもちゃ・・・投げて、持ってこいができるもの。

キラキラしたボールや音のするボール、ねずみのぬいぐるみなど。

わが家では、たいていソファの奥や食器棚の下に入り込んで、人間が救出しています 笑

 

20200203_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

●自動で動くおもちゃ

電池で動く類のものです。

スイッチを入れれば、後はおもちゃがやってくれます。

遊んであげる時間が取れない時などはいいかもしれませんね。

 

●レーザーポインター

大好きな子が多いです(^^)

が、おもちゃとしては完結できない部分があります。

レーザーポインターは噛み付いたり、捕らえたりといった狩りの醍醐味がなく、ひたすら追いかけるのみ。

遊び始めにレーザーポインターをウォーミングアップとして使い、その後実体のあるおもちゃに取り替えるといいですね!

 

20200203_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

トカゲやネズミのように地面を這うものが好きな子、鳥や蝶のように空を飛ぶものが好きな子、ヘビのようにクネクネしたものが好きな子など、ネコちゃんによっても好みがありますので、お家の子がどんなタイプのおもちゃが好きか、そしてどんな遊び方が好きか、ぜひ探してみて下さいヽ(=´▽`=)ノ

 

 

20200203_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

同じおもちゃばかりで遊んでいると、だんだんと飽きてしまい、そのおもちゃに反応しなくなります。

ネコちゃんの興味を持続させるために、いくつかのおもちゃを代わる代わる使うようにしましょう。

 

 

「遊ぶ時のコツ」

 

おもちゃを鳥やネズミ、虫に見立てて動かします。

左右に振ったり、小刻みに動かしたり、ピタッと止めて急に飛び立たせたりして、ネコちゃんに追いかけさせます。

クッションやドアの陰などにおもちゃを隠し、チラッと見せるように動かしたりしても飛びついてきますよ(^^)

 

飛び掛れば捕まえられるような距離にしてあげると、飛び掛るタイミングや距離をとるために、目をクリクリさせながらお尻をフリフリ・・・なんて可愛い仕草をすることもあります(*゚ー゚*)

これがまたカワイイんですよね~(^^)

 

そしてこれが大事です!

最後は、必ずネコちゃんに獲物を捕らえさてあげましょう。

ネコちゃんに「捕まえた!」という達成感を味合わせてあげますd=(´▽`)=b

 

噛み噛み、ケリケリしたりして、そのうち獲物を離したら、再度飼い主さまが生き物に見立てて動かす・・・を繰り返します。

 

 

「時間はどれくらい?」

 

ネコちゃんは、瞬発力は抜群ですが持久力はありません。

一回の遊びの目安は15分です。

遊びの時間を構成して、比較的短い時間活発に遊んだら、次は緩やかな遊びに変え、また活発に遊ぶ・・・とリズムを作りましょう。

何度か繰り返していると、ネコちゃんがあまり盛り上がらなくなってきます。

そうしたらひとまず遊びは終了です。

 

 

ネコちゃんにとって遊びはストレス解消だったり、運動だったり、飼い主さまとのコミュニケーションだったり・・・と大切な意味を持っています。

 

「今日は忙しいから明日ね。」を「今日は忙しいから○○分だけね。」というように、毎日少しずつでもいいので、ぜひお家の子と遊んであげて下さいね(^^)

 

20200203_7_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook