2017.07.31更新

皆様おはようございます。ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

今日で7月も終わりですね。明日から8月、夏本番です!

 

本日はわんちゃんのお散歩のお話です。

 

最近色々なお散歩グッズがあって、お散歩の時間が楽しいですよね^^*

 

そもそもお散歩ってどういう意味があるのでしょうか?

 

○飼い主さんとのコミュニケーション

○適度な運動、ストレスの解消

○子犬の時期から家族以外の人やわんちゃんなどと会ったり触れ合うことで社会性を身に付ける

○外の景色を見たり、匂いを嗅いだり刺激を受けることで脳が活性化される

 

など…いいことずくめですね。

 

わんことお散歩に行きたくなってきました(^▽^)/

 

 

20170731_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

では、どのようなことに気をつけてお散歩したらいいでしょうか?

 

 

《持ち物》

 

◎リードと首輪(またはハーネス)

お母さんと子どもが手をつなぐのと同じ、命を繋ぐものです。

ノーリードでの咬症事故、交通事故などよく起こっていますので必ず装着し、離さず、人や車の多い場所では短く持ちましょう。迷子札も付けておくといいですね。

 

◎水

お散歩途中の飲み水、排泄した場所を洗い流す水として。

 

◎うんち袋

専用の袋も売られていますが、ビニール袋とトイレットペーパーなどでいいと思います。

うんちをそのままにするのはマナー違反です。必ず持ち帰りましょう!

この3つは最低限準備しましょう!余裕があればおやつもあったらいいかもしれませんね。

また、怖がって歩きたがらない子にお気に入りのおもちゃを見せると歩いてくれた…ということもあるようです(*^^*)

 

《注意点》

 

◎拾い食い

消化できないもの、有害植物など色んなものがあって、つい口にすることがあります。

何でも口にしないように気をつけましょう。

 

◎わんちゃんや人に会ったら

お散歩中のわんちゃんがいたら、急に近づかずに必ず許可を得てから少しずつ距離を縮めましょう。

人と会ったら、わんちゃんが苦手な方もおられるので

リードを短く持ちましょう。

 

 

お散歩のコースはいつも同じよりも色んなコースがあったほうが楽しいですね。

お天気がいい日はできるだけお散歩に出かけましょうO(≧▽≦)O

 

 

20170731_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

お散歩には行けないけど代わりにた~くさんおもちゃで遊んであげます(^▽^;)

 

 

 

夏の暑い時期は、特にアスファルトはかなり高温になります。暑い時間は避けて、朝夜の涼しい時間帯にしましょう。気温下がってきても、アスファルトなど地面は高温のことがあります。熱中症や肉球の火傷のリスクがありますので確認してから出かけましょう。

 

 

※8/13~15はお盆休みをいただいております。お盆前後は流通がストップしますので、お薬やフードのご注文はお早めにお願い致します。

到着にお時間がかかるものはお盆明けのお渡しとなる場合があります。

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.07.24更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

毎日暑いですね~。

ついに梅雨明けしましたね!

傘が手放せなかったですが、そろそろ職場の置き傘も持ち帰りどきでしょうか。

 

20170724_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

スーパーの野菜コーナーでも、どんどん夏野菜が場所を占領しはじめていますね!

大好きなトマトがシーズンを迎えて嬉しいです(^^)

私のトマト好きを知ってか知らずか!?先日、スタッフの古川から、トマトのおすそ分けをいただきましたので♪

 

20170724_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

スムージーにしていただきました(^^)

身体もひんやり、心地よく冷えて(^^)♪古川さ~ん、ありがと~~~!感謝!

 

 

人もペットも、上手に暑さをしのぐ時期ですね。

暑さ対策をして、快適に過ごさせてあげましょう(^^)

 

 

室内にいる子には、

 

●サンシェード・すだれや遮光カーテンなどで日光を遮る

●エアコンをつける

●涼しい場所に行けるよう、部屋を開放してあげる(※お風呂場を開放する場合には、必ずお湯は抜いておいてください)

●換気をよくする

●クールマット等の暑さ対策グッズを使う

●飲み水を数箇所に用意する

などの対策を行いましょう(^^)

 

ケージ内で過ごしている子は、窓から離れた場所などで、日光を避けられるところにケージを移動させましょう(^^)

エアコンの直風が当たらないようご注意くださいね。

 

夏場はまれに落雷などで停電になってしまうこともあります。

お留守番させる時に、エアコンを使う場合には天気予報も要チェックです。

 

 

 

外で過ごしているわんちゃんは、遮光と通気性をよくしてあげましょう。

犬舎を移動したりなどして、日陰を作ってあげましょう(^^)

木材の熱伝導率は、コンクリートの10分の1程度に軽減されると言われています。

生活する場所がコンクリートであれば、木製のジョイントデッキなどを敷いてあげるのもいいですね!(すのこの場合は、隙間に足がはまらないようご注意下さい)

 

 

また、まだ冬毛が残ったままになっている子は、ブラッシングをして冬毛をきれいに取り除いてあげましょう。

 

 

 

我が家では、この暑い中、にゃんこたちが毎朝ケンカごっこをしています(^^;)

20170724_3_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

悪そうな顔!

耳ペタンコ~、にらみ合いか~ら~の~

 

20170724_4_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

あ~始まった始まった・・・

 

20170724_5_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

もうね、毎朝なんですよ~(^^;)

朝の日課ですかね~?

 

ケンカごっこを仕掛けるのは、いつも決まって黒猫ふわちゃん。(そして、負けるのはいつも決まって黒猫ふわちゃん 笑)

「ごっこ」なだけあって、お互いシャーシャーも言わず、爪も出さずにゆる~くやってますけどね・・・見てるこっちは暑苦しいったらないです 笑

(そして仕掛けられるほうも迷惑そうです 笑)

 

 

 

皆様どうぞ、暑さ対策をして、「うちの子」と一緒にこの夏を乗り切りましょう!

 

 

 

 

 

 

<おまけの1ショット>

20170724_6_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.07.10更新

皆様おはようございます。ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

7月に入り、一気に蝉が鳴きだし、夏のようなお天気になりましたね。

 

お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

本日は、わんちゃんやねこちゃんの体温調節のおはなしです。

わんちゃんやねこちゃんは人間と違って、平熱が38~39℃あります。

 

ですので、抱っこすると少し温かく感じますよね(^^)

 

人間は汗をかくことで調節していますが、わんちゃんやねこちゃんはどうやって調節をしているのでしょうか?

 

 

 

まずはわんちゃんですが、ハァハァと呼吸しているのを目にすると思います。

 

この呼吸をパンティングと言いますが、肉球のみしか汗をかけないので、パンティングすることで熱を放出させて体温を調節しています。

 

 

お次にねこちゃんですが、ねこちゃんも汗をかくのは肉球のみで、緊張した時などに汗をかきます。ねこちゃんは快適な場所を探すのが得意で、暑い時は涼しいところ、寒いときは飼い主様のそばやこたつなどあたたかい所、自分自身で快適な場所を探して寝ていますよね。

たまに興奮した時などはわんちゃんのようにハァハァと呼吸することもあります。(あまりに続くときは注意が必要です)

グルーミング(毛づくろい)をし、唾液の蒸発する時の気化熱で体温を下げているとも言われています。

 

 

わんちゃんもねこちゃんもたくさんの被毛で覆われています。人間が厚手のコートを一枚着ているのと同じような状態ですね。ですので暑さに弱いといわれています。

人間の衣替えと同じように春と秋に換毛期があり、暑さ寒さに対応できるように毛が生え変わっています。(室内飼育だと年中抜けることもあるようです)

 

これから夏本番になりますので、快適な温度・湿度を保って元気に過ごして欲しいですねヽ(=´▽`=)ノ

 

 

我が家の子ですが…

 

 

20170710_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

テレビの真ん前によく座る、れんやらい。せっかくくつろいでいるので邪魔はしませんが…そこでくつろいだらテレビが観えませーん(^▽^;)

 

 

20170710_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

父の新聞タイムをよくお邪魔…?してる、らん。チラシもグチャグチャです(;´▽`A``

 

我が家はみんなそれぞれ自由に色んなところで寝ています。

 

クーラーが嫌なのか閉め切るのが嫌なのか、クーラーをつけて部屋を閉め切っていると開けてアピールをする、しょう。開けて違う部屋へ行ってもまたすぐにドアの向こうから「にゃ~」と鳴くので閉め切れず、いつもドアを開けっぱなしにせざるを得ません(;^_^A

 

ワンコのハルは、いつも父のそばを離れず、どんなに暑くても隣に寝ています(^^)

 

皆様のわんちゃんねこちゃんはどんな場所がお好きですか?(* ^ー^* )

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.07.03更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

今年ももう半分終了!7月に入りましたね~。

そろそろ梅雨明けでしょうか?

皆様体調はお変わりないですか?

 

20170703_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

蝉の鳴き声もちらほら・・・夏はもうすぐそこ、ですね(^^)

 

 

 

ここ最近、私深津は、「文鳥飼いたい病」が出ております(^^;)

 

子供の頃、それから一人暮らしの時にもヒナから文鳥をずっと飼っており、楽しい思い出がたくさんです。非常に飼いたいんです・・・ヽ(=´▽`=)ノ

 

でも我が家にはすでにアイドルにゃんこが二匹いますからね~。

 

20170703_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

うんうん、あなたたち、かわいいよ~~~(^^)

 

こればっかりは、一緒に飼う事は難しいので(そして飼いたい病なのは私だけですしね)、せめて・・・↓↓↓

 

20170703_3_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

欲求不満を解消すべく、毎日毎日文鳥本を読んで、妄想飼いしています(笑)

ペットショップさんに行って出逢ってしまうと、歯止めがきかなくなりそうで行けない深津です(^▽^;)

 

 

 

 

さて、長くなりましたが、ここからが本題です。

 

先日ニュースで、広島の90代の女性が、マダニが原因の感染症、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で亡くなられたという話を耳にしました。

 

SFTSは非常に注意が必要な感染症です。

SFTSの病原体を持っているマダニに人が刺されることで感染すると言われています。

 

 

潜伏期間は6日~2週間で、主な症状としては、発熱、消化器症状(食欲低下、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛)です。

また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの症状が起きることもあります。

 

 

お散歩や、山や草むらに入る場合には長袖・長ズボン・帽子の着用で、なるべく肌の露出を避け、マダニに刺されないようにしましょう。

 

また帰宅された際には、人もわんちゃんも、ともにマダニが付いていないかチェックしましょう。

わんちゃんの場合には、皮膚の薄い場所(目・鼻・耳・指の間)などを重点的に見てあげて下さい。

 

そしてもしも、わんちゃんやねこちゃんがマダニに咬まれていた場合には、無理に引き抜いたりせずに、動物病院処方の駆虫薬を使われてください。

 

マダニのくちばしは、ギザギザののこぎりの様な形をしており、無理に引き抜こうとすると、このくちばしが皮膚の中に残ってしまいます。

 

当院で処方する駆虫薬は全て、「殺虫剤」ではなく「動物用医薬品」ですので、安全に駆虫・予防をすることができます。

背中に垂らす液剤タイプや、食べるおやつタイプ等ありますので、お問い合わせ下さいね(^^)

ペットを連れてこられなくても、体重が分かればお薬だけを処方することも可能です。

 

 

わんちゃんやねこちゃんを連れてのご来院であれば、

9:00~11:30

15:00~18:30

まで受け付けております。

 

お薬のみの処方であれば、

9:00~12:00

15:00~19:00

まで受け付けております。

 

 

わんちゃんやねこちゃんのマダニ予防は、人の衛生管理にも繋がります。

定期的に駆虫薬を使い、快適に過ごしましょう!

 

また、人が咬まれた場合には皮膚科を受診されて下さいね。

 

 

我が家のアイドルさんも、保護当時はノミ、マダニ、ハジラミと寄生虫オンパレードでした(><)

ハジラミの卵が被毛にたくさん付いていて、日に当たってキラキラ輝いていたのを今でも思い出します(^^;)(←もちろん駆虫薬を使えば、きれいさっぱり、きちんと駆虫できます(^^)ご安心下さい)

小さな身体で・・・さぞ痒かったでしょうね。

 

 

 

定期的に駆虫薬を使い、快適に毎日を過ごしましょう!

 

 

 

20170703_4_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.07.02更新

新着情報にも掲載いたしておりますが、

 

平成29年7月の休診日は

 

 毎週木曜日
  1日(土) 終日休診
 17日(月) 終日休診
 28日(金) 終日休診

 

となっております。

 

詳しくはお電話にて御確認下さいますようお願いいたします。

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook