2017.06.26更新

おはようございます。ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

雨が降り、じめじめ蒸し暑いですね。

 

そんな時期に注意していただきたいのが熱中症です。

 

 

汗腺が足の裏にしかないわんちゃん・ねこちゃんは人間よりも熱が身体にこもりやすく、熱中症のリスクが高いのです。

 

 

《症状》

熱中症になると、呼吸の乱れ、よだれ、体温が40℃を超え、脈拍が速くなったり、耳の内側や口の粘膜の赤みが強くなります。

症状が進行するとチアノーゼを起こして、舌や口粘膜が青紫になることもあります。

そのまま放置していると、嘔吐や下痢(時に血混じり)、痙攣が起こることがあります。

さらに症状が進行すると、徐々に脈拍が弱くなり、呼吸不全を起こしたり、意識が薄れるなどのショック症状を起こし、死に至ります。

 

 

《熱中症になったら》

もし熱中症になってしまったら、すぐに涼しい場所に移動して身体を冷やして体温を下げます。

身体全体に水をかけて冷やしながら首元、脇の下、後肢のつけ根を濡れタオルや保冷剤で冷やすとより効果的です。

 

意識がある状態なら水もしくはスポーツドリンクを2倍に薄めて与えます。

 

意識がない場合は、慌てて来院されずに身体を冷やしながら病院に連絡をして下さい。

自分で水分摂取ができませんので、点滴が必要になります。

 

 

《熱中症を予防するために》

室内では、エアコンを活用して温度23~25℃、湿度50%くらいを保ちましょう。

直射日光を避けるためにカーテンを閉めたり、ケージで過ごしている場合は置き場所にも注意してあげて下さい。

クールマットを使用するのもお勧めです。(噛み癖のある子はジェルマットなどは誤飲にご注意です!)

ねこちゃんが好む高い所は熱気がたまりやすいのでサーキュレーターや扇風機で循環させてあげるのも有効です。

また、急な停電のおそれもありますし、自分自身で調節できるように部屋を閉め切らずに自由に行き来できるようにしてあげましょう。

 

屋外では、犬舎は涼しい場所に設置したり、日陰を作ってあげましょう。

コンクリートより土や芝生の上、風通しのいいところが良いと思います。

 

飲水はいつでも飲めるように色々な場所に多めに準備しておき、こまめに交換します。

お散歩に出かけるのも朝夕涼しい時間帯に。アスファルトはかなり高温になりますので、実際に触ってチェックしてあげて下さい。

 

また、一緒にお出かけされる時には必ず飲水を携帯し、ほんの数分だからと車内に乗せたままにするのは避けましょう。短時間でも興奮したり熱が篭って熱中症になる恐れがあります。

 

 

特に子犬や子猫、ご高齢の子や、体調不良の子、肥満の子、黒い被毛の子、短頭種(パグ、シー・ズー、ペキニーズ、チワワ、ブルドッグなど)、ねこちゃんですとペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアーなどは熱中症に罹りやすいと言われていますので注意が必要です。

 

20170626_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

要注意人物って…猫だけど(笑)エアコンをつけた部屋から逃げ出す我が家の猫たちのために今年もジェルマット準備しておきます♪

 

これからまだまだ暑くなりますので、熱中症対策をして快適に過ごしましょう。

 

 

普段追いかけ合っている我が家のらんとらい…一緒に寝ることはほとんどないのですが、めずらしく発見した姿をお届けいたしますヾ( 〃∇〃)ツうまく撮れていませんが( ̄ー ̄;

 

 

20170626_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.06.19更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

梅雨入りしたものの、さ~っぱり雨が降りませんね。

自然の恵みあっての私たちの生活、やはり雨も降って欲しいものですね。

明日から数日間は雨予報。恵みの雨となりますように(^^)

 

 

 

 

さて今回は、我が家の近況を(^^)

実は最近、10年以上使っていたキャットタワーを新調しました!

だいぶ年季が入っていましたからね~。

 

 

まずは今までのタワーに感謝とお別れを。

 

20170619_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

分かっているのかな~?

もこ、ちょっぴり寂しげ。

ずっと我が家に在りましたからね。先代猫との思い出も詰まっているので、私もちょっと寂しい気持ちに。

 

20170619_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

もこ、しっぽまでしんみりしていました。

 

 

旧タワーを解体して、さぁ、新しいタワーの組み立てです。

 

20170619_3_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

20170619_4_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

組み立ててるそばから早速おジャマ・・・じゃない、「お手伝い」のもことふわ。

 

 

20170619_5_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

20170619_6_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

20170619_7_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

ひとしきり遊・・・じゃない、「入念なチェック」を終え・・・

 

 

20170619_8_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

OK出ました~。

気に入っていただけたご様子 笑

 

 

猫は「広さ」よりも、上下運動ができる「高さ」のスペースの確保が大切となります。

 

一本の柱で支えていた旧タワーでしたが、今回のタワーは二本の柱で支えているので、安定性がぐっとアップしました(^^)

タワーでアクロバティックに遊んでも、グラつかずにいい感じです(^^)

 

 

 

 

↓ そして思わぬ「キュンキュンスポット」が誕生(^^)

20170619_9_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

お腹やら手足やらが・・・出ちゃうんです~~~(*´▽`*)

触らずにはいられません・・・よね? 笑

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.06.12更新

おはようございます。ふかつ動物病院スタッフ、看護師の古川です。

 

6月ももうすぐ半分終わろうとしていますね。月日が経つのは早いものです…

 

さて、わんちゃんを飼われている皆様は集合接種や動物病院で狂犬病の予防注射を打たれていると思いますが、今年度の注射はお済みでしょうか?

 

 

20170612_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

4月から6月は狂犬病予防注射月間で、この期間に狂犬病の予防注射を打つよう定められています。

 

狂犬病は人を含む哺乳類全てに感染し、感染するとほぼ100%が死に至る恐ろしい病気です。

 

日本では現在発生はありませんが、日本の周辺では発生しており、日本でもいつ発生するかわかりませんので、狂犬病予防注射法という法律で、生後91日以上のわんちゃんは飼育し始めてから30日以内に狂犬病の予防注射を受けることが義務付けられています。

 

まだお済みでない方は、春先に糸島市から届いたお葉書を持ってご来院ください。

 

注射を打たれたら注射済票の発行を致します。市外の方は申し訳ございませんが注射証明書の発行となります。

 

登録がお済みでない方は、糸島市内の方であれば当院か市役所でご登録できます。

 

ご住所など登録内容に変更のある方はお葉書が届かないことがあります。変更のお手続きをお願い致します。

 

 

20170612_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.06.05更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

あっという間に6月ですね!

もうすぐ梅雨入りするんでしょうか?

皆様体調にはお気をつけ下さいね!

 

 

20170605_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

↑ 梅雨の時期、五月雨といえばやはりこれ、芭蕉のこの俳句ですかね~(^^)

この辺だったら・・・「長野川」になりますかね~(^^)

 

 

 

 

さてさて、これからの梅雨の時期にかかりやすい病気に、「外耳炎」があります。

外耳炎は、外耳道に炎症が発生する疾患です。

 

 

耳垢が外耳道の皮膚を刺激したり、蓄積した耳垢に、もともと皮膚にいる細菌や真菌などの常在菌が繁殖することによって炎症を起こします。

特に、通気性の良い立ち耳の子よりも、垂れ耳の子や、外耳道に毛が多い子、耳にしわが多かったり、耳垢が湿っている子などは、耳の換気が悪いため、細菌や真菌が繁殖しやすい傾向にあります。

 

また、シャンプーや雨の日のお散歩などで耳の中に水が浸入し、その湿りで炎症が起こってしまったり、綿棒などによる耳掃除の際に、耳道を傷つけて炎症が起こることもあります。

 

 

炎症が起こると、

 

臭いのある汚れがたまる

耳の中に湿疹ができる、赤くなる

頭を振る

後ろ足で耳や、耳の後ろを引っかく

頭や身体を触るのを嫌がる

頭を片側に傾ける

 

などの症状が表れます。

 

 

酷くなると、痒みだけでなく、痛みも出てきて、ただれや化膿したり、出血したりすることも(><)

 

 

日頃から耳の中に水分が停滞しないように注意し、定期的に耳の中や行動をチェックして下さい。

 

また、もし外耳炎かな?と思われましたらお早めに受診されて下さいね(^^)

 

 

20170605_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

耳の中を常に清潔に、かつ乾燥させておくことと、症状が悪化する前に治療を開始しましょう!

(過度の掃除は、症状を悪化させることもありますので、注意が必要です)

 

梅雨のこの時期は、特にお耳のチェックを習慣づけましょう(^^)

 

 

 

 

 

 

<おまけのワンショット>

 

20170605_3_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

 

 

センスとレベルは置いといて~(置いといて下さい 笑)、もっちゃん・・・じ~~~っと窓を見つめてますが、完全室内飼いですのでね、猫パトロールには行っておりませんし行かせませんよ~(^▽^;)

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

2017.06.01更新

新着情報にも掲載いたしておりますが、

 

平成29年6月の休診日は

 

 毎週木曜日
  2日(金) 午後休診
 11日(日) 終日休診
 18日(日) 終日休診
 24日(土) 終日休診

となっております。

 

詳しくはお電話にて御確認下さいますようお願いいたします。

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook