2020.11.30更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

あちこちで紅葉が見られるようになりましたね。

今年は何処かへ出かけて紅葉狩り・・・も、なかなか難しいかな~と思っていたら、わが家で小さな紅葉狩りができそうな予感です(^^)

 

↓緑色だった多肉植物が・・・

 

20201130_1_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

↓色づき始めています・・・!

 

20201130_2_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

もう少しすれば、もっと赤くなる、かな~(*゚▽゚*)?(今年初めて育てているため未経験です)。

 

手のひらサイズの小さな植物でも、ちゃんと季節を感じているんですね。

皆さまは体調お変わりないでしょうか(^^)?

 

 

 

さて、今回はわんちゃん・ねこちゃんの水分補給についてです。

わんちゃん・ねこちゃんが一日に必要とする水分量は、

 

<わんちゃん>

体重(kg)×0.75×132(ml)

 

<ねこちゃん>

体重(kg)×0.75×70(ml)

で計算ができます。

 

 

その日の天候や季節、運動量、年齢層、犬種・猫種によっても違いが出てきますが、おおむねこの計算式で一日に必要な水分量が分かります。

 

●5kgのわんちゃんであれば、

5×0.75×132=495ml

 

●4kgのねこちゃんであれば、

4×0.75×70=210ml

 

ということになります。

 

ただしこれは「一日に必要な水分量」であって、「一日に飲む水分量」ではありません。

ドライフード(約7%)やウエットフード(約70%)の中にも水分が含まれているため、飲水量としては

 

わんちゃんで40~60ml/kg

ねこちゃんで20~45ml/kg

の範囲が正常であるとされています。

 

一般的に、わんちゃん・ねこちゃん共に体重1kgにつき100mlを越す飲水量は過剰であり、何らかの病気のサインと言われています。

 

 

わんちゃん・ねこちゃんの体重の約60~70%が水分であり、水分は身体を構成したり、円滑な生命活動を行ったりという重要な役割を果たしています。

水分が体重の数%失われると、健康に障害が起こり、10%以上失われると生命を維持することが難しくなり、死に至ります。

 

人もそうですが、わんちゃんやねこちゃんにとっても、水分は大切だという事が分かりますヽ(´ー`)ノ

常に新鮮な水が飲めるようにしておくことが大事ですね。

 

そして食器の材質や形にも好みがありますので、陶器やステンレス、ガラスやプラスチックなど試してみるといいですよ(^^)

ねこちゃんでは、ひげが当たる食器を嫌がったり、流れる水が好きだったりと好みがある子が多いようです。

 

また、食器の高さを、床置きから前足の付け根くらいの高さに変えると、飲みやすくなり飲水量が増えることもあります。

 

水飲み場も一ヶ所だけでなく、数ヶ所準備しておくといいですよ(^^)

 

 

わんちゃんもねこちゃんも、季節の変わり目は体調を崩しやすいですから、水分をしっかり摂って、体調管理に気をつけて過ごしましょう(^^)

 

 

 

さて、数日前のわが家のネコたちの写真です。

 

20201130_3_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

黒猫ふわ、まん丸からの~

 

20201130_4_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

足ぴーーん(この体勢を見ると、いつも「砂抜き中のアサリ」を思い出します 笑)

 

20201130_5_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

甘えん坊の長毛猫もこは、腕を添えてもらいながらのヘソ天(^^)

そして・・・

 

20201130_6_ふかつ動物病院 糸島 いとしま 犬 猫 動物病院

 

「薄目で見ると何となくブレーメンの音楽隊風」 笑

 

かわいいうちの子たち、毎日見ていて飽きませんヽ(*^^*)ノ

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook