2018.06.11更新

おはようございます。
ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

梅雨入りして、ムシムシしていますね。
気温も上がり、わが家の長毛猫・もこも伸び伸びしだしました。

 

20180611_1_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

20180611_2_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

今日は比較的涼しいですが、これからどんどん暑くなってきます。
皆さま体調を崩されませんよう、お気をつけ下さいね(^^)

 

 


さて先日6月4日は「虫歯の日」でしたね。
小学生の頃は、たまにですが近所の歯医者さんに虫歯でお世話になっていました(^^;)
麻酔の注射を、歯茎に打たれた記憶は今でも鮮明に覚えています~(^^;)

 


今日は、「虫歯の日」にちなんで歯のお話です(^^)

 

皆さま、わんちゃんの歯のブラッシングってされていますか?

 

わんちゃんがフードを食べた後、そのままにしておくと6~8時間で歯の表面に菌が付着します。
そしてそれが増殖して、ネバネバとしたものができてきます。
これが「歯垢」です。
ただし歯垢は、歯磨きなどの機械的な刺激で、簡単に除去することができます。

 


なので、もしもわんちゃんが嫌がらなければ、歯のブラッシングをしてあげて下さい(^^)
まずは、ほんの少しだけ歯を触ることから始めて、徐々にならしてあげましょう。

 

歯ブラシを嫌がるようであれば、指に湿らせたガーゼを巻きつけて磨いたり、軍手を付けて歯を触るという方法もあります。
結んだタオルなどを、引っ張りっこをして遊びながら咬ませたりしても、歯が研磨されて歯垢が取れますよ(^^)

 

市販の歯磨きガムや、歯磨き用のおもちゃを使ってもいいですね!

 


歯垢をそのまま放っておくと、石灰化が進み、3~5日ほどで歯石になります。
歯石はザラザラしていますので、さらにその上に歯石が付着していきます。
歯石はご家庭でのブラッシングでは除去することが困難なため、除去する場合は動物病院での処置が必要になってきます。

 


歯周病予防のためにも、やはりお家でのブラッシングが大事になってきますね(^^)
ただし嫌がったらすぐにストップしましょう!
ここがブラッシング嫌いにならないようにするためのポイントです(^^)

 

一週間に一度、時間をかけてするよりも、できるだけ毎日、ちょっとずつでもいいのでブラッシングをするほうが効果的ですよ!
いつまでも健康的な歯でいてほしいですね(^^)

 

 

 

 

そして先日、誕生日を迎えた私に、スタッフ古川から嬉しい~~プレゼントが!

 

20180611_3_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 

ここ数年、ずう~っと欲しいと思っていたけれど、手に入らなかったバラのうちの一つ、ラ・レーヌ・ビクトリア!
イギリスのヴィクトリア女王に捧げられたバラです(^^)

 

20180611_4_ふかつ動物病院 糸島市 動物病院

 


しかも何と何と、立派な長尺苗!嬉しい~~~!
地植えにして、大事に育てたいと思います!
古川さんありがとう~(^^)

 

家族にも心のこもったお祝いをしてもらって・・・(^^)
やっぱり誕生日っていいものですね!

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook