2016.02.29更新

おはようございます。

ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です。

 

 

先日、暖かい日にこんな光景に出会いました(^^)

↓↓↓

 

 

20160229_1_糸島 動物病院

 

 

う~ん、のどかですねぇ~(^^)

 

耕された土、そこに虫がいる事をちゃんと分かっているんですね~。

賢い!

ゆっくりゆっくり、でも付かず離れず、後ろをついて歩いていました。

 

 

私の大好きな花、オオイヌノフグリもちらほら見かけるようになりました。

 

20160229_2_糸島 動物病院

青い花ってかわいいですね!

 

 

 

さて、そんなのどかな風景に和んでばかりもいられない深津家!

 

我が家の末っ子にゃんこ、ふわちゃん、発情期を迎えました(ノ゚ο゚)ノ

 

20160229_3_糸島 動物病院

 

ふわちゃん、ただいま生後6ヶ月弱。

↑こうして見ていると、まだまだ子供なのに!?と思ってしまいますが、

生後6ヶ月ともなると、繁殖可能な年齢なんです(><)

 

 

この時期に、大声で鳴く(声色も変わります)、外に出たがる、食欲が落ちる、といったことがありましたら、発情を迎えた可能性があります。

女の子のわんちゃんでは陰部からの出血(個体差があり、出血量が少ないと気付きにくいこともあります)がみられます。

 

定期的にくる発情時期(個体差はありますが、半年に一回のサイクル)には、相手がほしい、外に出たい!という願望が強くなり、そしてそれが満たされないとストレスとなり、精神的に不安定になったり、また性ホルモンの影響で、問題行動を引き起こすことも。

 

手術をすると、こういったストレスを無くすだけでなく、

女の子は卵巣子宮疾患、偽妊娠、膣脱、生殖器腫瘍等を予防することができ、

アレルギー皮膚疾患、糖尿病、クッシング症候群、乳腺腫瘍等を緩和することができます。

 

男の子は精巣腫瘍、前立腺疾患、肛門疾患等の予防、また、ウイルス感染や喧嘩による外傷、交通事故等の減少にもつながります。

 

手術の適正時期は、わんちゃん、ねこちゃん共に生後6ヶ月~1才くらいがベストです。

ただし、1才を超えてからでも手術は有用です(^^)

詳しくは、当院のトピック「手術に関して」をご覧下さい。

 

 

 

ふわちゃん、「ん、なあああーーーー!!のぉおおーーーーん!!」と大絶叫(><)!

 

体調をみながら、手術をしようと思います。

 

20160229_4_糸島 動物病院

 

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

entryの検索

カテゴリ

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook