2015.11.11更新

おはようございます。
ふかつ動物病院スタッフ、看護師の深津です

 

今日はキシリトール中毒についてのお話です。

 

このキシリトール中毒が有名になってきたのは、数年前からでしょうか。
わんちゃん、ねこちゃんが誤って摂取してしまうと、中毒症状を起こす可能性があるんです。

 

キシリトールは、よく人用の歯磨き粉やガムなどに配合されていますよね。
虫歯になりにくくする効果があるからです。
人には良い作用があるキシリトールですが・・・。

 

◎ なぜキシリトールが、わんちゃん、ねこちゃんに良くないのか?

 

わんちゃん、ねこちゃんがキシリトールを摂取すると、血糖値を下げるホルモン、「インスリン」の分泌が、非常に強く起こります。
体内に十分な糖がないのに、インスリンが大量に分泌されると、血中の糖分濃度が低下し、低血糖を起こしてしまうのです。
摂取して、30~60分後に低血糖の症状(嘔吐、ぐったりする、痙攣)が出ます。

 

重篤のまま無治療にしていると、死んでしまうこともあります。

 


◎ 症状
嘔吐、虚脱、痙攣

 

体重1kgあたり、0.1g摂取するだけで、重篤な症状が起きる危険性があります。(人用ガムの1粒あたりのキシリトール含有量は、0.2~1.37gと様々です)

 

ただし、個体差がありますので、大量に摂取しても症状が出なかったり、少量でも重篤になってしまう子もいます。

 

誤って食べてしまわないよう、注意してあげて下さい!
そしてもしも食べてしまったら、
<いつ><どれくらいの量を>摂取したかをご確認して、当院へご連絡下さい。

 

20151111

 

 

 

投稿者: ふかつ動物病院

まずはお気軽にご相談下さい 092-321-2565
contact_spimg.png
医院風景 診療時間・アクセス
ふかつ動物病院コラム facebook